Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

万年筆(改造)

万年筆のリペイント(5)

少し緊張感を味わいたくて、リペイントした万年筆は親しい仲間に配ってます。技術料とかブランド料(笑)はもちろんもらわず、万年筆本体の代金だけいただく形式です。 別に、たいして難しいことをしているわけではないので、安価な筆記用具をリペイントする…

万年筆のリペイント(4) 失敗編

ペリカンのツイストを偏光パール塗料でリペイントしてます。 なんかワンパターンだよな〜と思って、アルミをはめ込んでみました。 クリアーを吹いた直後なので表面は粗いです。が、それ以上にアルミの部分がいまいち。爪で強く押したりすると凹みます。 使う…

万年筆のリペイント(3)

パイロットのペン習字ペンとセーラーのハイエースネオが仕上がりました。 いまいち納得いっていない部分もありますが、まぁ、こんなもんでしょう。 ペン習字ペン。クリアーを吹いた後、1000番のスポンジヤスリで水研ぎをした後、コンパウンドで磨きました。 …

万年筆を左利き用に

高校の先輩が前々から万年筆に興味があるようでして。 それなら買えばいいのに〜と思ったら、左利きで字を書くのも左手なんだとか。私も左利きなんですが、字を書くのは右手なので何が問題になるのかさっぱりわからず、調べてみました。 たとえば、横に線を…

万年筆のリペイント(2)

前回の記事はこちら。・・・書いてたこと忘れたよ。(笑) 改めて・・・ 私は基本的に・・・万年筆を改造するのは嫌いです。 たとえば、パイロットのニブでフォルカンというものがあります。両サイドがえぐれた特徴的な見た目をしています。 書き味も独特で…

ミニコンバーターの補修

helicoのシュクルやデルタのビンテージなど、普通のコンバーターが使えない万年筆に使えるコンバーターを海外から取り寄せて使っています。 これはシュクルに使っていたものなんですが・・・作りが雑。本当に雑。 バッキバキにヒビが入っています。 ちょっと…

プラチナ センチュリーのニブ交換・・・とロミオ&ジュリエット

万年筆仲間のFさんからセンチュリーのニブ交換をやってくれるお店を紹介してくれと頼まれて、その程度なら頼むまでもないでしょう・・・というわけで千葉まで行ってきました。 Fさんはドラゴンブレスという名のシュクルをお持ちで、「竜の鼻血」だの「竜の血…

万年筆のリペイント(1)

とあるところで万年筆ブームでペン先の供給が滞って~という書き込みがありまして、日本国内では100円のボールペンの方が全ての面で勝っていると言っていいくらいなのにブーム!?と思いました。 ・・・が、海外では油性のボールペンが主流で、プラチナのプ…