Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

バンダイナムコ ガンダムブレイカ−3

というわけ?で、最近、地球防衛軍4.1からガンダムブレイカー3に浮気をしています。

 

地球防衛軍は5が発売延期になったのが痛いです。(・・;)

 

gb.ggame.jp

 

前に書いたとおり、ガンダムブレイカーガンプラで戦うゲームです。原作に忠実な機体にするもよし、混ぜるもよし。頭が固い私は基本、原作に忠実な機体ばかり作ってます。

良かったところ

  • ストーリーは割と好き。
  • ビルダーズパーツでカスタマイズの幅が広くなった。
  • 雑魚でもそこそこ手強い。
  • カラーリングが細かく指定できる。
  • 動きが原作に忠実。(一部除く)
  • ロードでそんなに待たされない。

いまいちだったところ

  • 4章の手抜き感が半端ない。
  • ガンダムシリーズ全般が対象だからか、出てこない機体が多い。
  • 難易度設定が固定できず、いちいち変えないといけない。
  • 敵プレイヤーのバリエーションが乏しい。(キャラも機体も)
  • 細かいバグがある。(ヒロインがモブの声でセリフを言ったり)

 

間違いなく、今回の記事はガンダムシリーズに疎いと意味不明すぎると思います。

 

ストーリーは、駅前にデパートができた影響で寂れてしまった商店街を復活させるためにガンプラバトルに参戦するヒロインが、ゲーセンで主人公と知り合って世界一を目指す〜というもの。

 

ヒロインやロボ太、エンジニア、ゲーセンのおばちゃん、ゲーセンで働くロボット、商店街の大人達、Mr.ガンプラ外資企業の経営者とそのメイドはキャラが立っていてアニメ化もできそうな感じ。他は手抜きが感じられたり、宇宙飛行士を目指すツキミとミソラはもう少し出番を増やすなりセリフを増やせばいいのにな〜と思いました。

 

4章は主人公が1人でツアーに参戦して、ツキミとミソラと急遽チームを組むのですが、他の章では紙芝居的(1枚絵でセリフだけ流れる)ではあるものの、戦闘と戦闘の幕間にミニドラマ?みたいなのが挟み込まれることでストーリーをうまく補完しているのに、4章はほとんどなし。ミッションが多めなせいでやたら長く、作業をしているような感覚になりました。

 

戦闘自体は、雑魚が強すぎる、1回の戦闘が長すぎるという意見もあるそうですが、バイオハザード地球防衛軍で慣れたのか、ちょうど良かったです。敵も同じパーツを使っているんですから、無双シリーズみたいな弱さだったら逆に萎えたかもしれません。

 

戦闘は機体やパーツの特性がよく出ています。ガンダム00に出てくるビットの動きとか、アニメそのまんまでしたし。このあたりはかなり芸が細かいです。ラスボスが使う機体の動きとか。(笑)

 

一番残念なのは機体の種類ですね。いろいろなファン層を対象にせざるをえないからか、広く浅くといった印象を受けました。さすがに初代は豊富ですが・・・ ここは有償でもいいので出してほしいです。オリジナル機体はいらないんで。

 

次回作を出すなら、敵のキャラクターをもう少し増やしてほしいのと、敵が使う機体のデザイン(パーツの組み合わせ)も工夫してほしいですね。明らかにネタに走ったようなのが世界大会に出るのは変です。下手すると雑魚のほうが手ごわかったような。。。あと、ビルダーズパーツも増やしてほしいところ。

 

ガンダム好きでガンプラ好きならDLCもセットになったのが安く売られているので、おすすめです。

 

それにしても、地球防衛軍5はいつ発売されるのやら。巨大ダンゴムシとかカエル型宇宙人と早く戦いたいです。

 

ほなほな。