Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

薄めなストラト

ハードロックやメタルの世界ではギターにトーンをつけないギタリストがいます。まぁ、ついていても使わない人はジャンルを問わずいるような気もしますが。

 

今回のネタは取り回しの良さをテーマに組んだストラトタイプです。

f:id:smeagol19:20170803132640j:plain

 

ネックは確かStewMacから買ったもので、ペグはゴトー製をつけてます。ナットは牛骨です。

f:id:smeagol19:20170803132648j:plain

 

ボディの裏側。ジョイントプレートはフリーダムの3mmのをつけてます。だいたいいつもこれを選んでます。

f:id:smeagol19:20170803132646j:plain

 

ボディは普通のストラトより若干薄めです。ボディ材もかなり軽いものを選んでいるため、けっこう軽いです。といっても、桐には負けます。

f:id:smeagol19:20170803132645j:plain

 

ボディ部分。ピックアップはEpiphoneのEpiActiveです。近々交換します。(笑) ピックガードは爽やかになるかと考えてホワイトパールにしました。

f:id:smeagol19:20170803132644j:plain

 

ボリュームノブはちょっと変わったタイプのものをつけました。なかなかうまく撮れずに難儀しました。

f:id:smeagol19:20170803132642j:plain

 

ブリッジはトップロードタイプです。ボディ材が硬くないのと、好みの問題でこれにしました。

f:id:smeagol19:20170803132641j:plain

 

ジャックプレートはAll Partsから発売されているフラットタイプを使っています。こっちの方がシールドを選ばないので好きです。最近はシールドはL字型のを使うことが多いです。

f:id:smeagol19:20170803132647j:plain

 

ストラップピンはいずれロック式に変えます。

f:id:smeagol19:20170803132643j:plain

 

このギターは一応、FishmanのFluenceを載せるつもりでいます。スイッチで音色が変わるらしいので、スイッチポットかミニスイッチをつけねば。

 

次回は一番人気のシンラインタイプをネタにする予定です。

 

ほなほな。