Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

万年筆のリペイント(3)

パイロットのペン習字ペンとセーラーのハイエースネオが仕上がりました。

 

いまいち納得いっていない部分もありますが、まぁ、こんなもんでしょう。

f:id:smeagol19:20170903153543j:plain

 

ペン習字ペン。クリアーを吹いた後、1000番のスポンジヤスリで水研ぎをした後、コンパウンドで磨きました。

f:id:smeagol19:20170903153536j:plain

 

マゼンタゴールドは形もあってか色の変化がいまいち楽しめないような。

f:id:smeagol19:20170903153538j:plain

 

首軸のネジ部分は塗装していません。

f:id:smeagol19:20170903153537j:plain

 

ハイエースネオ。こちらの方が仕上がりは綺麗です。

f:id:smeagol19:20170903153539j:plain

 

キャップと胴軸の境目の部分が良いアクセントになっています。

f:id:smeagol19:20170903153540j:plain

 

胴軸の後端部分は黒くしてみました。

f:id:smeagol19:20170903153541j:plain

 キャップを後ろに挿しても塗装は剥がれません。赤いインクを入れたらなかなか良い感じに。

f:id:smeagol19:20170903153542j:plain

 

塗装のコツとしては、万年筆に限らず、横着しないことが挙げられます。厚塗りせず、塗ったらよ~く乾かしてまた塗って~の繰り返しです。

 

自分用のペリカンツイストが仕上がったら、仲間に配る分を塗り始めます。仲間に配る分は缶スプレーは使わず、すべてエアブラシを使うつもりです。個人的にはエアブラシの方が使いやすいです。

 

ほなほな。