Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

YAMAHA TRBX604FM

島村楽器錦糸町店にVivieのModern RavenとDolphin Deverbを取りにいったときに衝動買いしてしまいました。

 

YAMAHAのTRBX604FMです。

f:id:smeagol19:20180303211944j:plain

 

YAMAHAのベースを買うのはこれが2本目で、前に赤いの(型番不明)を持っていました。

 

f:id:smeagol19:20180303223358j:plain

 

次のベースはSireにするはずでした。が、Mシリーズは形が好みではなく、Vシリーズはなかなかお目にかからず、試奏してみたIbanezのSRシリーズは形はともかくサウンド的にそそるものがなく・・・試しに試奏してみたこのベースが値段の割に素晴らしく、気がついたら買っていた次第です。

 

ヘッド。フレイムメイプルはたぶん紙みたいな薄さだと思われます。ロゴはコインみたいなのがついてます。

f:id:smeagol19:20180303212002j:plain

 

ヘッド裏。ネックはラミネート構造です。これも買った理由の一つです。

f:id:smeagol19:20180303212011j:plain

 

ポジションマークは4弦側にずれてます。指板は希少性が高まってきたローズウッドで、なかなかの色合いです。もしかしたら染めているのかもしれませんが。フレットは24フレットまであります。ネックは割と薄めです。

f:id:smeagol19:20180303212035j:plain

 

ボディ。ゼマイティスからも似たような構造のが発売されていましたね。

f:id:smeagol19:20180303212121j:plain

 

ボディの裏側。ボディのバック材はアルダーで、ネックジョイントはプレートではなくブッシュが使われています。

f:id:smeagol19:20180303212129j:plain

 

ボディのバックとトップの間にはローズウッド?が挟まってます。この見た目に惚れました。(笑) ヘッド同様、フレイムメイプル部分はサンダーで削れば瞬時に消えるでしょう。

f:id:smeagol19:20180303212145j:plain

 

ピックアップはYAMAHAオリジナル?のアルニコ5マグネットを使用したハムバッカーが2つ載ってます。

f:id:smeagol19:20180303212153j:plain

 

ブリッジ。弦は裏通しはできません。

f:id:smeagol19:20180303212205j:plain

 

コントロールは上の左からベース、ミドル、トレブルのブーストとカット、下は左からマスターボリュームとバランサー、アクティブとパッシブの切り替えスイッチになります。値段の割に充実しています。

f:id:smeagol19:20180303212220j:plain

 

ジャック部分。

f:id:smeagol19:20180303212233j:plain

 

最近試奏した10万円以下のベースの中ではSireのVシリーズと並んで突出していると思います。Sireと比較すると、TRBXの方がサウンド的にはオールマイティです。コントロール部分がごちゃごちゃしていないのも良いと思います。

 

たぶん、このベースに関してはフィンガーレストをつける以外はいじらないでしょう。

 

次回はフレットレス化する予定のこいつをレストアします。

f:id:smeagol19:20180303214250j:plain

 

まずはフレッテッドとして再生をして、それからフレットレスにするかどうか決め・・・るつもりですけど、ネック側のPの音色次第ではそのままにするかもしれないような。例によって例のごとく、コントロール部分は普通にはしません。

 

ほなほな。