Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

Raspberry Pi 4に手を出してみた。Vol.1

こないだASRockのX300を組み立てて以来、「何かやりてーなー」と漠然とした欲が湧いてきて、ASRockのA300を買おうかとか、310を買おうかとか、H470を買おうかとか、自作しようかとかAmazonやTsukumoのサイトを見ながら悶々としていました。

 

とりあえず、Linuxを入れた常時稼働するマシンが欲しいんです。

 

いくらテレワーク続きで金銭的に余裕が生まれているとはいえ、さらに増やしてどうする?とほぼ出番がないLG GramにLinuxを入れたりしたんですが、何かやりたいな~という思いは消えず、Youtubeの動画をいろいろ見ていたら・・・

 

Raspberry Pi 4に興味がわきました。

 

Raspberry Piは、イギリスのラズベリーパイ財団が教育向けに開発した「超小型のシングルボードコンピューター」らしいです。

 

音楽プレイヤーやゲーム機、センサー、ルーターなどにもなると知って、さらに一通り揃えてもさほど金がかからない(これ大事)と知って、物欲がマキシマムに高まった私は千石電商に向かいました。

 

そして一式を購入。

f:id:smeagol19:20210211163058j:plain

 

  • Raspberry Pi 4
  • 電源アダプター
  • GeeekPi Raspberry Pi4ケースArgon ONE M.2
  • OS入りMicro SD

ここまでは千石電商で買い、他の店で

  • Crucial CT250MX500SSD4/JP
  • HDMIケーブル
  • microSDカード専用USBカードリーダー
  • PC切替器(写真なし)

を買いました。ちなみにHDMIケーブルは余りました。全部で3万5千円くらいでした。

 

ケースはM.2のSSDを内蔵できるのが売りで、Amazonでは発送に5日くらいかかると書かれていました。一度、それであきらめたんですけどね。。。 千石電商には普通に在庫がありました。素晴らしい。

 

次回は組み立て編になります。あまり長々と書くと読みづらいですしね。(言い訳)

 

ほなほな。