Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

Raspberry Pi 4に手を出してみた。Vol.2

今回は買ったものの紹介と組み立て編になります。

 

まずは本体。8GBのものを買いました。

f:id:smeagol19:20210211163039j:plain

 

iPhone Xと並べると小ささがわかります。

f:id:smeagol19:20210211163027j:plain

 

箱を開けると・・・基盤がむき出しでした。(笑)

f:id:smeagol19:20210211163019j:plain

 

OS入りのMicro SDとmicroSDカード専用USBカードリーダー。

f:id:smeagol19:20210211163054j:plain

OS入りのMicro SDは買う必要はありません。SSDから起動するようにするには64bit版のOSが必要らしいので、自分で入れ直すことになります。なので普通のMicro SDを買いましょう。SSDやHDD、USBメモリから起動しない場合はなるべく速いやつを選んだほうが幸せになれるはず。

 

CrucialのSSD。NVMEには対応していないのでSATAのを買いました。NVMEをArgon ONEにつけても認識しないようです。

f:id:smeagol19:20210211163045j:plain

 

 HDMIケーブル。・・・PC切替器を買ったのになぜこれを買ったのやら。不要です。

f:id:smeagol19:20210211163050j:plain

 

電源アダプタ。物によって対応したりしなかったりで、対応しない場合、起動しないそうです。これは問題なしでした。

f:id:smeagol19:20210211163031j:plain

 

そしてケース。これがなければラズパイには手を出していなかったはず。

f:id:smeagol19:20210211163035j:plain

 

では、組み立ていってみましょー。まずは箱からケースを出してバラします。こちらはむき出しではなくちゃんと?梱包されてました。

f:id:smeagol19:20210211163010j:plain

 

まずSSDを取り付けます。

f:id:smeagol19:20210211163002j:plain

 

固定するネジを外したら下の土台の部分まで外れてしまい、ちょっとてこずりました。黒いネジを外すときに下のネジを固定すれば問題なしです。

f:id:smeagol19:20210211163006j:plain

 

続いて、本体に拡張ボード?をつけます。これを付けることで普通のHDMIケーブルが使えるようになります。この状態でケースに固定するので、仮組みしてポートの位置を確認しながら適切な位置を探りましょう。

f:id:smeagol19:20210211162958j:plain

 

上にかぶせる部分の、CPUとメモリ?が当たる部分に放熱パッドを貼ります。両面に透明なシートがついているので、必ず剥がしましょう。でないと効果なしです。右側のはSSDと本体をつなぐためのパーツです。ケースの中にさりげなく入っているのを取り出します。

f:id:smeagol19:20210211162952j:plain

 

ケースの上側の部分に基盤をはめて4本のネジで固定。基盤が黒いとどこにネジがあるかわかりませんね。(^^;

f:id:smeagol19:20210211163121j:plain

 

イーサネットポートの裏にある、40pinのGPIOコネクターがちゃんと刺さるようにするのがポイントです。

 

裏蓋をはめる前に、OS入りのMicro SDを入れるのを忘れずに。私は忘れました。

f:id:smeagol19:20210211163116j:plain

 

裏蓋をはめたらコの字型のパーツをUSBポートにはめて・・・

f:id:smeagol19:20210211163113j:plain

 

完成。

f:id:smeagol19:20210211163103j:plain

 

裏側。イーサネットポートの上には電源ボタンがあります。オーディオジャックの上にあるUSB Type-Cポートに電源を挿します。

f:id:smeagol19:20210211163108j:plain

 

所要時間は20分もかからなかったくらいでした。自作に慣れていない人でも組めると思います。他のケースならもっと簡単に組めるのではないでしょうか。

 

次回は悪夢のセットアップ編になります。

 

ほなほな。