Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

パナソニックLUMIX G用HOLGAレンズ HL(W)-PLG

前回、間違えてフォーサーズ規格のレンズを買った後、マイクロフォーサーズ規格のホルガのレンズを買いました。・・・2個も。

 

今度はしっかりPEN E-P1に取り付けられました。かっちり取り付けられるわけではなく、ちょっとガタつきます。(笑)

f:id:smeagol19:20170817185056j:plain

 

・・・ちょっと違和感を感じるような。

f:id:smeagol19:20170817185055j:plain

 

さっそく、家に転がっているクマをモデルに撮影してみました。

f:id:smeagol19:20170817184923j:plain

 

少し引いてもう一枚。

f:id:smeagol19:20170817184924j:plain

 

四隅が黒くなってます・・・が、わざとらしいというか、くどいというか。これは裏側についているブラック・コーナー・エフェクターの影響らしいです。

 

なら、外せばいいじゃない。(笑) 左がデフォルト、右側がブラックコーナーエフェクターを外したものです。

f:id:smeagol19:20170817185057j:plain

 

ブラックコーナーエフェクターを外したレンズでまたまたテスト撮影。今度は家に転がっていたTED(微妙に似てない)をモデルにしました。

f:id:smeagol19:20170817190325j:plain

 

TED(微妙に似てない)をモデルに、引いてもう1枚。

f:id:smeagol19:20170817190324j:plain

 

私はエフェクターなしの方が好きかなぁ。撮ってみて思ったのは、ピントを合わせるのが難しいこと。ファインダーで見てもモニターで見てもピントが合ってるんだか合ってないんだかよくわかりませんでした。あと、普段、いかにズームに頼っているかがわかります。^^;

 

まだまだカメラは始めたばかりでレンズのことはまったくわかっていないに等しい私ですが、ホルガのレンズの魅力は・・・ゆるさにあるような気がします。被写体によって合う合わないがあるような。今回、モデルにクマのぬいぐるみを選んだのは偶然が生み出した正解かも。

 

ピント云々は、単焦点レンズを使う上で初心者が必ずぶつかる課題だと思う(たぶん)ので、練習あるのみでしょうね。

 

ようやく東京も雨が止みました。明日は外で撮影なんぞしてみようかと考えています。

 

ほなほな。