Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

ガール&パンツァー 最終章 第2話の感想

特典OVAにハマって、ガルパン熱は冷める気配がありません。

 

さて、今回は最終章第2話の感想を書いていきます。

 

橋の上で3方向からの砲撃に晒されるピンチを切り抜けた後、BC自由学園はボカージュに向かい、大洗もボカージュに向かいます。ボカージュって生け垣って意味なんですね。

 

移動する途中、BC自由学園が使うソミュアS35がカモさん(B1bis)に似てると沙織がつぶやくのがポイント。

 

砲弾が飛び交う中、砲塔の上に乗る梓に成長を感じたり、初戦なのに物怖じしないお銀のたくましさに感心したり、ツチヤの操縦テクニックの凄さに笑ったり、ちょっとした描写にも魅力が詰まっているのもガルパンの良さです。

 

大洗の作戦は、カモさんチームがBC自由学園のARL44を攻撃することで仲間割れを起こさせるというもの。カモさんチームの3人も大好きなので、活躍してくれて嬉しかったです。

 

マリー(何気に身体能力が半端ない)の仲裁でBC自由学園は仲直りしたものの、残りの車両は6両。その頃には包囲網は完成していてあっという間に残り3両に。最後はサメさんが通せんぼをしてレオポンさんとあんこうチームの砲撃で試合終了。何だかんだで大洗もあんこう、カメさん、レオポンさん、サメさん以外は撃破されたのでBC自由学園も健闘してました。サメさんは初の試合なのに頑張ってました。

 

試合後はガルパンらしく仲良くスイーツを健闘を称え合ってました。

 

幕間は大洗での一時。カメさんがサザコーヒー、カバさんが江口又新堂(?)、あんこうがシーサイドステーションのキラキラクレープで過ごす中、みほは愛里寿とボコミュージアムを堪能。

 

ヒルさんチームは知波単学園の福田と「お好み焼き 道」で食事をしてます。たらし焼を食べるシーンを見ていると、道に行きたくなります。アヒルさんチームが大好きな私にはたまらない場面でした。けっこう重要な場面でもあります。

 

知波単学園の対戦相手はコアラの森学園で、隊長は本物のコアラ。なかなか個性豊かでしたが、出番はすぐに終わってしまいました。

 

続いて、沙織が桃と桃の実家の文具店に行く場面。文具店はこないだ私が行った坂本文具店でした。実際のお店はもっと綺麗です。

 

大洗の次の相手は知波単学園。黒森峰やプラウダ、サンダース、聖グロリアーナ、継続、そして私の推しのアンツィオも順調に勝ち進んでいるようです。個人的には青師団高校が気になりました。理由は割愛させていただきます。

 

そして知波単学園との試合。

 

知波単学園といえば無謀な突撃なんですが、劇場版ではアヒルさんチームと組んでけっこう活躍してるんですよね。

 

海賊旗を蜂の巣にされて突撃するサメさんチームを、福田考案の”足踏み突撃”で撃破した後、”さよなら突撃”で撤退。道で食事をした時にヒントを得て、突撃のバリエーションを増やしたんですね。

 

池を背に陣を敷く大洗に対して、知波単学園は”歌謡突撃”の後、”遠隔突撃”を敢行。知波単学園もやっと曲をもらえました。「知波単のラバさん」という曲らしいです。戦時中の歌謡曲っぽくて良いです。

 

ワニやアヒルに偽装した特二式内火艇での奇襲は梓が気づいたものの、知波単学園は見事な挟撃でカモさんを撃破。”のんびり突撃”に”ごきげんよう突撃”でレオポンさんも撃破。知波単学園は1両失っただけ。まさかここまで強いとは。

 

今まではアンツィオ戦を除けば大洗は常に強敵に挑む立場だったのが、逆になったんですね。大洗が成長したように、知波単学園も成長してるんだな~とおっさんは感心しっぱなしでした。

 

数的不利な状況で知波単学園に追撃される大洗は曳光弾を上手く使って罠にかけ、圧倒的有利な状況に持ち込みます。このあたりの描写も巧みです。

 

ここで西隊長が選んだのは、なんと撤退。劇場版を観た人は感涙です。ここで第2話は終了。エンディングはBC自由学園の3人でした。

 

TV版でのマウス撃破、劇場版でのカール自走臼砲撃破はアニメならではの描写で、それはそれで面白かったのが、今回の知波単学園の戦術は派手さはないものの、火力のあるカバさんチームやレオポンさんチームをまず狙うなど、通好みな内容で見応えがありました。

 

コアラの森学園やヴァイキング水産高校、ワッフル学院、ボンブル高校の戦車がこれまた凝っていたり、小ネタも満載で何回観ても飽きません。

 

第3話のブルーレイは12/24発売。既に劇場で観て内容は知っていますが、楽しみです。

 

本編や特典映像を観ているうちに発売日を迎えて、第4話の公開日も迎えるでしょう。

 

ほなほな。

またまた大洗に行ってきます

先々週行ってきたばかりなんですが。

 

とある動画で大洗ホテルの紹介を観たら、行きたくなってしまい・・・。来月、また大洗に行ってきます。

 

www.oarai-hotel.co.jp

 

今回はこんな感じで回ろうかなと。

 

1日目

  1. 昼頃に大洗到着
  2. 潮騒の湯で温泉に浸かる
  3. シーサイドステーションに移動
  4. 適当に昼食
  5. ガルパンギャラリーに行く
  6. サザコーヒーに行く
  7. ホビー喫茶Sdkfzまで散歩
  8. ホテルまで散歩~チェックイン
  9. ホテルで夕飯
  10. ブロンズで飲む

2日目

  1. ホテルで朝食
  2. 散歩
  3. ブロンズで昼食
  4. 大洗町幕末と明治の博物館に行く
  5. リサイクルショップはじめちゃんに行く
  6. ホテルまで散歩
  7. ホテルで夕飯
  8. ブロンズで飲む

3日目

  1. ホテルで朝食
  2. かねふく めんたいパークに行く
  3. 中村屋で買い物
  4. シーサイドステーションで買い物
  5. お腹が減ってたら昼食
  6. 帰宅

 

仕事がこのままテレワーク主体になるなら部屋を借りることも考えているので、どれくらい寒いのかも体感してこようと思います。まぁ、諸々の事情で頓挫しそうではありますが。

 

とりあえず、いろいろと出費があるので節制することから始めます。

 

ほなほな。

ガール&パンツァー 最終章 第1話の感想

ポータブルブルーレイプレーヤーを買ってしまいました。ASRock X300に外付けのドライブを付けるなら、持ち運べるプレーヤーを買った方が良いかなと。

 

ガルパンはTV版の円盤を持っていて、それ以降は配信版を買ってました。が、応援するためにTVとOVAのBOXセットと劇場版と最終章の特装版を一気に買いました。特典ディスクを含めるとなかなか見応えがありそうです。

 

さて、今回は最終章1話の感想を書いていきます。

 

大学選抜との試合に勝ち、学園存続が決まった後の話です。生徒会は会長が華さん、副会長が秋山殿、広報が沙織という顔ぶれになってました。なるほどな~と思う人選です。

 

最終章では河嶋が大学のAO入試に受かるために無限軌道杯に挑むというもの。留年疑惑の号外が出て他の学校にまで回っていて笑っちゃいました。

 

河嶋は戦車を探していて、みほ達は「大洗のヨハネスブルク」こと学園艦最深部に向かいます。途中、カジキマグロを養殖していたり、学園艦の巨大さが感じられます。華さんのハサミ捌き、秋山殿の身体能力、みほの回避能力などいろいろ見どころ?はありますが、一番はバーどん底でしょう。こないだ行った大洗のドルフィンがモデルになっただけあって、嬉しいというか何というか。トイレの位置とかそのまんまなんですよね。

 

無事にMk.IV戦車(燻製器として使われていた)を見つけ、どん底にいた荒くれ5人組がサメさんチームとして加わることに。

 

第一回戦の相手はBC自由学園で、例によって例のごとく秋山殿が潜入して動画まで作ります。動画のレベルがだんだん上がってきているのが面白いです。潜入する時に使う減りがBreguet G.11Eだったり、細いところにネタが詰まってます。ネタがわからなくても問題ないところはガルパンの良いところの一つです。

 

BC自由学園エスカレータ組と受験組で仲違いしていて、OVAの「タイヤキ・ウォー!」にはそのあたりが描かれています。ガルパンOVAを観た方がさらに楽しめます。

 

個人的に感心したのは、大洗が隊列を組むとき、サメさんチームだけまっすぐ走っていないところです。聖グロリアーナの隊列に感心してた頃からかなり成長していることがさりげなく描かれていて、こういう細いところって大事だと思うんですよね。

 

試合は仲違いしているBC自由学園が3隊に分かれているのを利用してフラッグ車を撃破しようとしたら、実は仲違いしているのは演技で橋の上にいるところを三方向から攻撃されて大ピンチに。レオポンさんチームのポルシェティーガーがさらに魔改造されて、味方に合流する時にEPSを使って凄まじいスピードでぶっちぎる場面に惚れました。ポルシェティーガーのプラモが無性に欲しくなります。

 

橋の上で集中砲火を浴びる場面はかなりの迫力で、4DXで観たら凄かったでしょうね。

 

絶体絶命のピンチを因幡の白兎作戦で切り抜けて(さっそくサメさんチームが活躍)、第二ラウンド開始。BC自由学園のテーマソングはフランスらしく"La chanson de l'oignon"でした。日本人におなじみの「クラリネットをこわしちゃった」の元ネタですね。

 

EDは最終章用のアレンジになった”Enter Enter MISSION !”で、サメさんチームが登場しました。この曲好きなんですよね。

 

OPは佐咲 紗花さんが歌う”Grand Symphony”になり、個人的にはちょっといまいちだなと感じました。メロディに歌詞がハマっていないんですよ。短歌でいうところの字余り感があるというか、言葉の切り方が良くないというか。歌詞も”青い春をSHOOT”とか”かざす想いSympathy”とか日本語と英語を無理に混ぜることで意味が通じにくくなっていることもマイナスポイントです。ChouChoさんの”DreamRiser”と”piece of youth”がとても良かっただけに残念でした。

 

ちょっとネガティブなことも書きましたけど、全体的には満足度は高いです。

 

来月には第3話の円盤が発売、第4話は・・・再来年? 第6話の公開日に自分は何歳になっているのか不安になりますが、まだまだ楽しめるということで、これからも堪能していきたいと思います。

 

ほなほな。

聖地巡礼の旅:3日目

3日目は短めです。というのも、2日間歩きすぎたせいで膝と足首の関節痛と筋肉痛、荷物の重さで歩き回る気になれず。。。

 

ホテルで朝食を食べて、レストランでコーヒー(チェックイン時に無料チケットをもらいました)を飲んだ後、タクシーで大洗シーサイドステーションに向かいました。

 

oarai-seaside.com

 

痛車を発見。

f:id:smeagol19:20211030160534j:plain

 

ここに寄ったのは家族へのお土産を買うためです。買ったのは

でした。どれも好評でした。特に納豆は美味でした。

 

買い物をした後、タクシーを呼んで、面倒なので水戸駅まで行き、そのまま帰りました。

 

たぶん、半年以内にまた大洗には行くでしょう。上野に着いて駅を出た瞬間、戻りたくなりました。(笑) 東京は騒々しいです。

 

次回は・・・

は必ず行こうと思います。今回行ったドルフィンやブロンズにも行きたいですね。

 

KPTっぽく振り返ると

  • 昼前に大洗入りするのは正解。
  • 2泊3日は正解。
  • カメラはiPhoneで十分。(コンデジは不要でした)
  • 宿泊は朝食のみか食事なしのプランにする。
  • 歩き過ぎない。
  • 宿は10時くらいに出る。
  • 帰りは早めにして正解。

が挙げられますかね。次回はいろいろ食べ歩きたいです。

 

普段、アスファルトジャングルの中で暮らしてる人間としては、大洗は良い意味で昭和な感じがしますし、山も海もあって、何より時間の流れが緩やかに感じられるのが良かったかなと。移住する人の気持がわかります。

 

私はイケベ楽器とヨドバシカメラが近くにないと生きていけないので移住は無理そうですが。(笑)

 

しばらくはガルパンネタが続くと思われます。

 

ほなほな。

聖地巡礼の旅:2日目

2日目は目覚ましなしで7時前に起床。朝の日差しで起きられました。健康的です。

 

海はいつ見ても良いです。

f:id:smeagol19:20211030160552j:plain

 

ホテルの朝食。朝食は宴会場で食べました。感染対策がしっかり取られていました。が、前日に食べ過ぎた上に酒を飲んだから食欲なし。

f:id:smeagol19:20211030160548j:plain

 

部屋でのんびりした後、9時に宿を出て大洗磯前神社に向かいました。大洗シーサイドホテルから歩いてすぐです。

f:id:smeagol19:20211030160452j:plain

 

神磯の鳥居。ドルフィンのオーナー曰く、足を滑らせて海に落ちて怪我したり亡くなる方もいるんだとか。かなり滑りやすいそうです。私は神経障害で足がちょっと不自由なのでもちろん眺めるだけにしました。

f:id:smeagol19:20211030160456j:plain

 

劇場版であんこうチームとカチューシャ達が戦車で降りた階段。登る途中で息切れしたのは運動不足だからでしょう。

f:id:smeagol19:20211030160500j:plain

 

石段をのぼりきって振り返るとこんな景色が。

f:id:smeagol19:20211030160504j:plain

 

拝殿。1100年以上の歴史があるんだそうな。お賽銭を入れてから二拝二拍手一拝。

f:id:smeagol19:20211030160508j:plain

 

劇場版であんこうチームが登っていった坂。

f:id:smeagol19:20211030160512j:plain

 

当初は2日目はいろいろ食べる予定だったのが、揚げ物を想像しただけでリバースしそうだったのでパス。宿を早く出すぎて店が開いてなかったということもあります。

 

まず向かったのは茨城県信用組合。前生徒会副会長の小山柚子のパネルが置いてあります。基本的にガルパンのキャラは全員好きなんですが、副会長は特に好きなキャラクターの1人です。

f:id:smeagol19:20211030160516j:plain

 

お金をおろしてから「坂本文具」へ。女性の店員さんと少し話をしました。大洗の良さは、個人商店が残っているところにもあると個人的には思います。

f:id:smeagol19:20211030160520j:plain

 

すぐ近所にある「山戸呉服店」。ここは買い物だけ済ませました。

f:id:smeagol19:20211030160524j:plain

 

お昼を食べる予定のお店の開店まで時間がありすぎるので、3キロほど歩きました。劇場版でウサギさんチームがノンナに吹っ飛ばされた場所を見つけて撮影。

f:id:smeagol19:20211030160529j:plain

 

お昼はここに決めていました。「ブロンズ」です。ペパロニのパネルがお出迎えしてくれます。

f:id:smeagol19:20211030160538j:plain

 

コースターはアンツィオにしました。いろいろ選べます。

f:id:smeagol19:20211030160541j:plain

 

鉄板ナポリタン。かなりトマトの風味が効いていて美味しかったです。何とか食べ切れました。

f:id:smeagol19:20211030160544j:plain

 

ブロンズでは私しか客がいなかったのでオーナーさんといろいろ会話ができました。平日に坊主頭で来たから「お坊さんですか?」と聞かれました。(笑)

 

今回の巡礼で会話が楽しかったのは

  • ドルフィンのオーナー&店長
  • 1日目に乗ったタクシー
  • ブロンズ

でした。

 

ブロンズではガルパンの話から震災の話、その他諸々の話をしました。SNSをやろうとかいろいろ話はあっても断っているというが印象的でした。朝は農作業をして、昼からは喫茶店を営業する生活スタイルを崩すことになりますからね。

 

それでもガルパン度は相当高く、お金の単位はリラだったり、アンツィオへの愛が感じられました。私もアンツィオが大好きなので楽しい時間を過ごせました。

 

ブロンズを出た後、ホテルに戻って大浴場へ。そして・・・寝落ち。1時間くらい寝て町を散策するつもりだったのに、夕飯の時間まで寝てしまいました。^^;

 

2日目の夕飯。戦車ケーキは1日目と違ってました。洋食寄りなものが多く楽しめました。

f:id:smeagol19:20211030160600j:plain

 

夕食を食べた後、タクシーを呼んでまたまたドルフィンへ。オーナーさんが仮装してました。そういえばハロウィンでした。この日は店長さんや他のお客さんとも話ができました。オリジナルカクテルのカトラスの1と2を飲んだり、山郷のしずくという梅酒を飲んだり、楽しく飲めました。

 

日付が変わるくらいに宿に着いて、2日目が終了。

 

次回は3日目です。

 

ほなほな。

聖地巡礼の旅:1日目の後編

前回はマリンタワー2階にあるガルパン喫茶PANZER VORでアフォガードを食べたところまで書きました。

 

マリンタワーを出た後、商店街へ向かいました。

 

ヒルさんチームと知波単学園の福田が食事をした「お好み焼き 道」が見えてきました。満腹なので今回はパスしました。

f:id:smeagol19:20211030160359j:plain

 

まずはメガネ拭きを買いに「みむら時計店」に伺いました。店主さんの接客がなかなか良かったです。

f:id:smeagol19:20211030160402j:plain

 

そして「梅原屋」。近所の方との会話が盛り上がっていたので、買い物だけ済ませました。

f:id:smeagol19:20211030160406j:plain

 

そこから少し歩いて「ジョイショップタグチ」へ。ガルパンのプラモを大人買いしそうになりました。東京では死滅したタイプのお店でノスタルジーを感じます。店主さんはかなりの話し好きで、1時間くらい話をしたような?

f:id:smeagol19:20211030160410j:plain

 

ガルパンファンには有名な「肴屋本店」です。門限が21時だそうで、たぶん泊まることはないような。夜の飲みは大事です。

f:id:smeagol19:20211030160414j:plain

 

そこから延々と歩いて、巨大な鳥居が見えてきました。商店街はシャッターが閉まっているところが多くてちょっと寂しかったです。^^; コロナ禍で閉まったお店もあるんだとか。

f:id:smeagol19:20211030160418j:plain

 

そしてチェックイン。私は喫煙可の部屋にしました。景色はいまいちみたいな噂でしたが、十分良いです。

f:id:smeagol19:20211030160421j:plain

 

大洗シーサイドホテルではウェルカムドリンクを用意してくれていて、喫茶店で海を眺めながら梅ジュースを飲みました。

f:id:smeagol19:20211030160425j:plain

 

一日目の夕飯。ボリュームが凄いです。普段、和食は苦手で刺身とか食べないんですが、ほぼ完食しました。ビーフシチューが最強に美味でした。今まで食べたビーフシチューの中で一番美味かったです。大洗で食べた中で一番でした。

f:id:smeagol19:20211030160445j:plain

 

戦車ケーキ。2日目は違う戦車ケーキが出ました。

f:id:smeagol19:20211030160449j:plain

 

夕飯を食べたら酒!・・・というわけで、タクシーを呼んでもらいました。ガルパンタクシーですよ。女性の運転手さんはかなり濃いファンで会話が盛り上がりました。お金を払って聖地ツアーがしたくなったくらい。

f:id:smeagol19:20211030160433j:plain

 

向かった先はどん底・・・ではなくドルフィン。

f:id:smeagol19:20211030160439j:plain

 

これは・・・何だったっけか。(笑) オリジナルカクテルや大洗でしか売ってないお酒も飲めました。オーナーさんとの会話が弾んで4時間以上いました。アニメに出てくるバーそっくりで楽しかったです。

f:id:smeagol19:20211030160436j:plain

 

1日目はこうして終了。既に両足はガタガタになってました。

 

ほなほな。

聖地巡礼の旅:1日目の前編

今回は大洗巡礼の1日目のことを書いていきます。忘れないうちにささっと書いていきます。

 

珍しく7時前に起きて朝食を軽く済ませてからタクシーで上野へ。平日の朝は電車は混みまくってますし、リュックが邪魔になりますからね。しかし、道路も混んでいるのでこれはギャンブルです。実際、上野で切符を買った時点で発車3分前でした。しかも席が改札から見て遠めで久々にダッシュしました。^^;

 

8時半発のときわに乗って水戸に10時前に到着。そこから大洗鹿島線に乗りました。単線で1両しかなく、ICカードには未対応。

 

ナイスなタイミングでガルパン仕様のが来てました。今さらですが、何で英語とドイツ語が混在しているんでしょうか。Mädchen und Panzerじゃ語呂が悪いというか意味が通じないからか?とかしょうもないことを考えて乗車しました。

f:id:smeagol19:20211030160236j:plain

 

ドアの華さんの顔がちょっと痛々しかったです。

f:id:smeagol19:20211030160239j:plain

 

車内もガルパン仕様。

f:id:smeagol19:20211030160245j:plain

 

芸が細かいです。

f:id:smeagol19:20211030160242j:plain

 

電車に揺られること15分くらいで大洗に着きました。

f:id:smeagol19:20211030160248j:plain

 

イベントもなく平日だからか閑散としてました。

f:id:smeagol19:20211030160251j:plain

 

駅の外観。喫煙所も喫茶店もコンビニもありません。

f:id:smeagol19:20211030160254j:plain

 

まず向かったのはTwitterで知り合った方から勧められた潮騒の湯。

f:id:smeagol19:20211030160258j:plain

 

入り口の自販機がレオポンさんチーム仕様でした。

f:id:smeagol19:20211030160302j:plain

 

露天風呂、ジェットバイブラ風呂、高濃度炭酸泉、水風呂、サウナがあってこじんまりとした感じでした。湯の温度はぬるめで好みでした。人がほとんどいないのも良いです。

 

風呂に浸かった後は食堂で食事をしました。海を見ながら食事するのは良いです。けっこうサーファーがいました。

f:id:smeagol19:20211030160306j:plain

 

生しらす丼。

f:id:smeagol19:20211030160429j:plain

 

イカ浜焼き

f:id:smeagol19:20211030160310j:plain

 

大海老の浜焼き

f:id:smeagol19:20211030160314j:plain

 

ホタテの浜焼き

f:id:smeagol19:20211030160318j:plain

 

料理はちょっと割高かな?と感じました。観光地価格というか。イカは美味でした。

 

満腹になったところで、またまた徒歩で大洗シーサイドステーションを目指しました。途中、挫けそうになるもマリンタワーが見えてきて気合を入れ直しました。

f:id:smeagol19:20211030160322j:plain

 

初めて来たのに見覚えがあるエスカレーターを上がった先には・・・

f:id:smeagol19:20211030160330j:plain

 

ガルパンギャラリーがあります。

f:id:smeagol19:20211030160326j:plain

 

これでもかと言わんばかりの装飾。

f:id:smeagol19:20211030160334j:plain

 

ギャラリーは思ったより狭かったです。グッズもなかなか強気な価格で、ミリタリーよりは萌えに偏った品揃えな印象を受けました。もうちょい戦車関連のグッズがあっても良いのでは。ただ、現地の方と話をした時、何人かが「アニメ人気は水物だからあまり当てにしてはいけない」と言ってましたから、規模的にはこれくらいで良いのかもしれません。

 

ギャラリーを出た後、海を見たら初めて見るのに既視感のある船がありました。

f:id:smeagol19:20211030160338j:plain

 

抱き枕カバーへの執着を断ち切って次に向かったのはマリンタワー。照明が落ちていて寂れた感がブーストされてました。

 

マリンタワーの2階にはガルパン喫茶PANZER VORがあります。2階といっても地上50mにあります。呼び鈴は2種類ありました。

f:id:smeagol19:20211030160355j:plain

 

もちろん?ローズヒップのアフォガードを頼みました。ソフトクリームの中が空洞になっていて、そこに紅茶を流し込みました。

f:id:smeagol19:20211030160351j:plain

 

遠くに大洗シーサイドホテルが見えます。

f:id:smeagol19:20211030160346j:plain

 

さんふらわぁ。景色が素晴らしい。

f:id:smeagol19:20211030160342j:plain

 

今回、訪問した中で唯一、スタッフが全員外国人で日本語が苦手でした。大洗の他のお店が人情味あふれる接客(すべてではない)だったりするからか、外国ではスタンダードな塩対応はどうしても目立ってしまい、それが口コミサイトでの低評価につながるのかもしれません。個人的には許容範囲でした。

 

長くなったので今回はこれで終わります。

 

ほなほな。