Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

ACTION ARMY AAP01 アサシン ガスブローバック

今月に入って2日にグロック19を買い、8日にガバメントとトカレフを買い、今回はAction ArmyのAAP01 アサシンを買いました。

 

フルオートで撃てるハンドガンが欲しいな~とT君と話していたら、アサシンを紹介されて買ってしまったという流れです。

 

 

今回は京都にあるミリタリーショップ プラウダで全部買いました。Amazonとかと比べると発送されるまでちょっと時間はかかりますが、ここが一番安いです。買ったのは

  • アサシン本体
  • ActionArmy AAP01/AAP01C アサシン/CNCアルミ 精密HOPチャンバー
  • TTI Airsoft AAP-01アサシン/クイックセレクタースイッチチャージングリング -Black-
  • TTI Airsoft AAP01アサシン/6.03mmインナーバレル-129mm-
  • POSEIDON エアクッションブースターシステム/マルイ・WE/GBB・VSRインナーバレル用HOPパッキン-硬度50-

です。なお、POSEIDONのパッキンはアサシンには使えないのでご注意ください。私はT君から合うパッキンをもらいました。

 

組込後はこんな感じ。

 

 

中身。

 

組み込んだ後、何故か撃てなくなり、届いたその日に壊したか?と焦りながらT君に診てもらったら、セレクターのネジがきちんとハマっていなかっただけでした。

 

かなりきつく締めたつもりが、まだ甘くてハンマーがぶつかって上がりきらなくなってました。

 

この銃、内部はグロック18Cのコピーらしいですが、セーフティとかはグロックより使いやすいです。トリガーの左斜め上にあるのがセーフティになります。

 

個人的に気に入ったのはサイトの見やすさです。

リアが緑で・・・

 

フロントがオレンジになってます。STRIKER9はリアが何もなしでフロントが同じような感じになってます。

 

この銃の魅力は、カスタムパーツが異常に豊富なこと。ザクマシンガンやビームスプレーガンみたいな見た目にできたり、カービン風に変えられたり、改造しまくったら余裕で本体の価格の倍以上お金を使うことになりそうです。

 

難点はセミとフルのセレクターが純正のままでは使いづらいこと。これは新製品のコンパクトでは解消されてます。あとは、外装がほぼ樹脂で安っぽいことですかね。本体の値段は安めではあるものの、マルイのグロック18C並みの使い勝手を求めるとグロック18Cよりお金がかかります。

 

ちなみにこれが届いた日にマルイのグロック18Cを注文しました。^^;

 

次に手を入れるとしたら、

フレームを変えて木製グリップにするのも面白そうですね。まぁ、あれもこれもやると電動の長物が買える値段を超えそうなので、ほどほどにします。

 

次も多分、エアガンネタになると思います。

 

ほなほな。

 

 

最近買ったエアガン

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

去年の10月半ばにエアガンを買ってから、すっかりエアガン以外のネタで書かなくなりましたが、今年は音楽にも力を入れる予定です。

 

最近はオートミールにハマっていろいろ作ったり、アキバ冥途戦争にドハマりしたりしてました。アキバ冥途戦争はここ10年見た中で一番気に入りました。円盤はもちろん予約済で、ガルパンの時ですら買わなかったアクリルスタンドまで買ってます。

 

さて、今回は最近買ったエアガンについてあれこれ書いていきます。

 

まずはKingArmsのKA Blaser R93。秋葉原のエチゴヤで安売りしてました。

 

この銃はプレデターズに出てくるイザベルというスナイパーが使っていた銃です。スコープはなかなか入手しづらいようなのであきらめました。品質的にはまぁまぁってところですね。

 

Carbon8のSTRIKER-9とG&GのGTP9。上のBlaserを買った日にSTRIKER-9はレプマートで、GTP9はタムタムで買いました。

 

本当はCZ P09を買うはずが、展示品のみだったので持っていないグロックっぽいこれを買いました。GTP9は動画のレビューで気になって買った感じ。どちらも良い感じです。

 

東京マルイグロック19 Gen4。レプマートで買いました。

 

アウターバレルは上野のFirstで、ウェポンライトはAmazonで買いました。STRIKER-9を買ってグロック熱が高まりました。(笑) 人気があるだけのことはあるな~と思える良い銃です。

 

KSCのTT33と東京マルイのコルト ガバメント シリーズ'70 ニッケルフィニッシュ。TT33は日立市のaim hobbyで、ガバはひたちなか市の勝田ラジコン模型で買いました。

 

トカレフはKSC製のがなかなか見つからなくて、友人とaim hobbyに行ったら普通に売られていたので即購入しました。マカロフもありました。ニッケルのガバはアキバ冥途戦争の影響です。これもなかなか見つからないというか、生産しなくなったとかで、まさか近場に残っているとは思いませんでした。

 

他にはパーツも買い始めていて、マルイのSAAに木製グリップを付けました。最高です。

 

パーツ以外にもハンドガンケースやガンケース、ゴーグル、手袋、ベストやポーチ、服などいろいろ揃ってきています。暖かくなったらサバゲデビューですかね。

 

これで長物が11丁、ハンドガンが14丁で合計25丁。さすがに置き場が厳しいのと、寝室の模様替えや塗装ブースの設置などやるべきことがいろいろとあるので、しばらくはエアガンは買わないようにしたいです。まぁ、これといって欲しいものがあるわけでもないから、買わないでしょう。多分。

 

買うとしたらマルシンのS&W M10か?(ぉ

 

ほなほな。

 

東京マルイ SAA.45 アーティラリー 5 1/2インチ ブラック

どうやら私は古い銃が好きなようで、プライベート・ライアンを観たら物欲がたぎりまくっています。

 

今回は大洗で知り合ったエアガンの師匠に買ってきたもらった、東京マルイのSAA.45 アーティラリー 5 1/2インチ ブラックを紹介します。対象年齢10歳以上、定価は12,800円です。ちなみに私は本体とカートリッジのみの中古を1万円くらいで入手しました。

 

全景。

 

この製品は「エアーリボルバープロ」の第一弾だとのことで、これからどんな製品が発売されるのかとても楽しみです。できれば古い銃を発売してほしいところ。

 

SAAは1873年に製造が開始された銃で、マルイは戦後に生産が再開されたモデルを製品化したようです。多分。アーティラリーというのは砲兵向けのモデルらしいです。西部劇の代名詞と呼ばれるだけあって、「荒野の用心棒」などで使われてます。

 

最初、10歳以上ということで買うことを躊躇していました。というのも、先月買ったマルイのコルトパイソン.357マグナムがちょっといまいちだったんです。特にシリンダー周りが、実銃と比べるとこれじゃない感があります。まぁ、仕方ないんですけどね。

 

コルトパイソンとの比較。

 

実際に手にしてみると、値段が倍以上違うからか、SAAは非常に良いです。バリもなく、塗装の質感も大違い。シリンダーの中にカートもきっちり収まってます。

 

バレルとシリンダーの間にはホップ調整用のダイヤル?があります。

 

ネジの一つは安全装置・・・ですが、指で押すのはなかなかきついです。

 

グリップはちょっとチープです。

 

通常のリボルバーとは違い、カートはシリンダー後部のローディングゲートから出し入れします。サバゲーとかでもし使うなら不利でしかありませんが、ロマンがあるからいいんです。

 

カートを出し入れする時はハーフコックにします。

 

専用カート。中にインナーやらスプリングやらいろいろ入ってるようです。

 

BB弾は先端に押し入れる形。これはカート式共通の仕様ですね。

 

後端は本物っぽい造形になってます。

 

コルトパイソンと比較すると、ハンマーを引くのにあまり力がいらないのが良いな~とまず感じました。あとは全体の質感がとても良いです。グリップ周りが握るとギシギシいうのが気になったんですが、分解して組み直したら気にならないレベルになりました。

 

グリップは木製のに交換してもいいかもしれません。値段が本体と同じくらいしますが。^^;

 

コルトパイソンは欲しい人がいればあげようと思います。

 

ほなほな。

東京マルイ VSR-10のカスタマイズをしてみた

こないだリサイクルショップで購入した東京マルイのVSR-10 Gスペックの外装をいじってみました。

 

いじった後の写真はこちら。

 

いじる前。

 

購入したのは

  • If-Product VSR-10用 サムホールストック G-SPEC用
  • 東京マルイ V-7 Gスペックマズルアタッチメント
  • MILQUEST 14mm逆ネジ対応 ロング サプレッサー サイレンサー Cタイプ
  • LayLax ボルトハンドル NEO

です。

 

If-Productのサムホールストックは国産&オイル仕上げで、素晴らしい仕上がりです。海外製のニス仕上げのものを塗装し直すことも考えたんですが、今回はやめました。導管を埋めた上に塗膜があるならまだしも、そうでない場合に塗装を除去するのは大変なんですよね。

 

このストックは付属のネジを使って固定します。こちらはレンチではなくプラスドライバーを使います。

 

ザラつきを感じる部分はなく、すべすべです。造形も素晴らしいです。

 

すり合わせなどは不要でポン付けできました。エアガンにハマってから、改めて日本製の素晴らしさを感じています。

 

ボルトハンドルはLayLaxのものを付けました。動画を見て交換しようとしたものの、結局、トリガーガードとトリガーを外す羽目になりました。前の持ち主がいろいろいじっていたのかもしれません。

 

スコープは元々持っていたANSのものをつけてます。多分、ステアーAUGについていたものだと思います。

 

サイレンサーはまずロックタイトでサプレッサー側にアタッチメントを固定してから取り付けました。本体側は正ネジでサプレッサー側は逆ネジなのできっちり締まらないんですよね。

 

ストックと樹脂製から木製に替えただけで一気に見栄えが変わって、お気に入りの一丁になりました。もう一丁買って、そちらはモダンな感じにするのも楽しそうです。まぁ、既にドラグノフSVD、M40A5、M14にこれがあるので、狙撃銃の類はしばらくは増やさないと思います。

 

来月になったら、どこかに撃ちにいきたいもんです。

 

ほなほな。

 

 

東京マルイ VASR-10 Gスペック

12月に入って、大洗も寒くなってきました。地元の人の話によると、1月と2月が一番寒いそうで、とりあえず布団乾燥機を買いました。ヒーターも買うかもしれません。

 

エグい勢いで買ってきたエアガンは、ガンスタンドをおかわりして仕事部屋にはこの4丁を置いてます。空いているところには東京マルイのM14が入りますが、今は友人の家で調整中となってます。

 

真ん中にあるのはタナカのKAR98Kです。これがもう素晴らしいのなんの。海外製にするかタナカにするか散々悩んで、Amazonでタナカのが残り1点で6万で売られていたので買ってしまいました。大満足してます。

 

さて、今回はKAR98Kではなく、リサイクルショップ はじめちゃんで買った東京マルイのVSR-10 Gスペックを紹介します。

 

はじめちゃんはガルパングッズで有名ですけど、他にも良いものがいろいろ揃ってます。

 

VSR-10の全景。スコープはM40A5につけていたものを移植しました。ちょっとバレルが短いかな~、ストックがチープだな~というのが第一印象でした。

 

中古なのでそれなりに使い込まれてます。ボルトハンドルは交換したいですね。

 

マガジン周り。

 

純正のマガジンは30発入るようです。

 

バレルの横にはホップ調整用のレバーがあります。マルイの製品は調整がしやすいですね。ドラグノフなんて(ry

 

ABS製のストックはやはりちょっとチープな印象を受けます。値段を考えれば仕方ないんですが、タナカのKAR98Kと比べると交換したくなってきます。

 

実は、VSR-10は使おうと思って買ったわけではなく、WA2000を改造するために買いました。が、WA2000がなかなかのお値段で実物を扱っている店舗が少ないこと、買って触っているうちに愛着がわいてきたので、カスタマイズしていこうと今は考えてます。

 

人気があるからか、VSR-10はカスタムパーツが豊富で、いくらでも手を入れられます。下手すると本体の価格を超えてしまうところは楽器と同じですね。

 

今のところ、改造しようと考えているポイントは・・・

  • ストックを木製に交換する。
  • ボルトハンドルを交換する。
  • サイレンサーをつける。

ってなところです。

 

ストックはモダン?な感じになるものも売られてますが、既にM40A5を持っていますし、古い銃が個人的に好きなので木製で良さげなものを探しています。

 

ボルトハンドルはLayLaxの製品を付ける予定です。

 

サイレンサーはバレルと同じ太さのものを探してます。まぁ、全長が長くなるなら何でもいいんですが。(笑)

 

不純な動機で買ってみたものの、実際に手に持ってみると人気があるだけのことはあるな~と感じました。

 

次回のエアガンネタはKAR98Kかナーフ系のショットガンになる予定です。

 

ほなほな。

エアガン買う勢いエグいてw

今日のブログのタイトルは、最近仲良くなった移住者のツイートから拝借しました。

 

というわけで、エグい勢いでエアガンを買ってます。

 

まずはこないだモケイパドックで買った東京マルイのM60A5。

 

サバゲーで使えるかどうかは別として、狙撃銃は好きですわ。大好物。バイオハザードに出てくるM40はA1というモデルでこれはA5。L96にするかM40にするか散々迷った結果、これにしました。

 

これもモケイパドックで買った東京マルイのステアーAUG。

 

あんま人気ないらしいですね。まったく気にしませんが。とにかくこの形が好きなんですよ。不満点はレールにマイクロプロサイトがつけられなかったこと。スコープは他にの交換するかもしれません。

 

通販で買った東京マルイのG36C。

 

マイクロプロサイトやサプレッサーを付けてます。ちょっと軽いのが不満ですが、サバゲーに参加するときはこれを使うと思います。

 

神栖のリサイクルショップ?で買った東京マルイAK47

 

いわゆる次世代電動ガンってやつですね。スリングは本物を付けました。東側の銃が好きな私にはたまらないアイテムです。

 

友人から譲ってもらったARCTURUSのAK12。

 

これはたまらないっすわ。無骨で重くて最高です。ストックは伸縮と折りたたみが可能でレールがついているのでスコープとかも取り付けられます。AK-47と違ってスコープとかをつけても違和感がありません。東京マルイ信者になりかけていましたけど、この質感と重さはたまらないです。そのうち他の製品も買ってみたいですね。そそる銃があれば。

 

通販で買ったKSCのCZ75

 

これはガンスリンガーガールの影響です。はい。リコが使うサイドアームですね。形も好みです。今持っているハンドガンの中ではこれが一番好きかも。KSCのエアガンも良いですね。

 

東京マルイのU.S. M9。

 

これは仲間が持っているのを見て、サムライエッジとマガジンが共用ってこともあって買いました。サムライエッジとは違った魅力があると思います。が、「売って」と言われたら売ると思います。

 

これ以外にタナカのルガーP08とマルイのコルトパイソンを持ってます。全部で14丁。確かに、買う勢いエグいですねぇ。ルガーを買ってから一ヶ月くらいしか経ってませんから。

 

近々、友人と一緒にシューティングレンジに行ってホップとスコープの調整をすることになっていて、めちゃくちゃ楽しみです。その日のためにドラグノフは友人の手でメンテしてもらってます。

 

さすがにこれだけ買うと欲しい銃はなくなる・・・わけもなく、今、興味があるのは

 

といった感じ。

 

危険な趣味にハマったと自覚はしてます。

 

ほなほな。

初の海外製エアガンで洗礼を浴びた

友人から「モケイパドックに行きませんか?」と誘っていただいて、ちょうど東京から大洗に戻るタイミングだったので連れていっていただきました。

 

そして購入。A&KのドラグノフSVDです。(スコープとマウントは別売りのもの)

 

モケイパドックは品揃えも豊富で良さげなお店でした。状態の良い中古が割と手頃な値段で売られていて、入店してすぐ東京マルイのステアーAUGを買いました。

 

さて、肝心のドラグノフですが、これがなかなか厄介でした。元々、友人から海外製のエアガンは気をつけて~と言われていたんですけど、友人と千葉のシューティングレンジに行って試射しようとしたら・・・

 

トリガーがブラブラしてる。orz

 

ちゃんと部品がついていないか、折れているのかのどちらかでしょうとシューティングレンジの店員さんに言われ、モケイパドックに電話。それからまた1時間ほどかけて八千代に戻りました。新品を買ったのになぁ。(笑)

 

お店に着いて、モノがモノだけに返金になるのかな? もしそうなったら何を買おうかな? L96かM40A5だろな?と勝手に妄想していたら、同じ色のドラグノフの在庫があるとのこと。ところが今度は・・・

 

マガジンがはまらない。orz

 

塗膜の厚さか、マガジンをロックするパーツに問題があったようです。海外製、怖いです。

 

今度こそ返金か?・・・と思ったら、なんとまだ在庫がありました。いったい何丁あるのやら。今度はトリガーもマガジンも問題なしで弾も出ました。それが画像のやつです。とりあえず、無事?に動作品が手に入ったものの、気持ちは他の製品に向いていたんで東京マルイのM40A5も買っちゃいました。そっちはまたいずれステアーAUGと一緒にブログのネタにするつもりです。

 

さて、念願?のドラグノフですが、見た目はとてもかっこいいいです。安っぽさを感じさせる部分も特にありません。性能と耐久性が不安要素ですかね。故障した時に修理できるのかどうかも。(パーツの手配、修理窓口の有無などなど)

 

改めて思ったのは、東京マルイの偉大さですね。サムライエッジ、ガバメント、デザートイーグル、CURVEと買ってきて、箱から出してすぐに普通に使えるって凄いなと。万年筆の世界に例えると、パイロットみたいなもんだなと感じました。

 

今回の教訓は「買うときは空撃ちしたりして、ちゃんとチェックしよう」ですね。ちなみに販売したお店に対して不満は一切ありません。また行きます。

 

大洗に移住する前に何度も通ってたイケベ楽器は、購入時に店員さんが細かく時間をかけてチェックしていて、あのときは何とも思わなかったんですけど、とてもありがたいこと、感謝すべきことだったんだな~と身にしみて思いました。

 

私につきあって長距離運転して、大洗の部屋まで送ってくれた友人に感謝です。

 

ほなほな。