Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

久々にギターを改造します。(3)

今回は↓の続きになります。

smeagol19.hateblo.jp

 

作業後。・・・ほとんど変わってません。

f:id:smeagol19:20200701143630j:plain

 

前回はミニスイッチと3wayスイッチの組み合わせでこんな感じにしました。

 

■スイッチOFF

  1. ネック側
  2. ネック側とブリッジ側のミックス
  3. ブリッジ側

■スイッチON1

  1. ネック側とセンターのパラレル
  2. ネック側+ブリッジ側とセンターのパラレル
  3. ブリッジ側とセンターのパラレル

■スイッチON2

  1. ネック側とセンターのシリーズ
  2. ネック側+ブリッジ側とセンターのシリーズ
  3. ブリッジ側とセンターのシリーズ

しばらく使ってみて・・・まぁ、使いづらいわな、と。あと、センター単体も鳴らしたいよね、と。

 

で、いろいろ考えたりネット上を徘徊した結果、これをパクることにしました。

pop-guitars.com

 

これなら普通?のストラトが出せるバリエーションを網羅しつつ、センターとブリッジ側のシリーズも出せます。Queenっぽいことをやるならセンターとブリッジのシリーズがあれば何とかなるらしいです。・・・Queenっぽいことをやる予定はないけどさ。

 

f:id:smeagol19:20200701144329j:plain

 

ノブは大好きなMustangのを付けました。とても使いやすいです。

 

前回の改造後、ノイズが酷くて困った~と思ったら、ジャックの一部がキャビティに干渉してました。ノイズはなくなりました。

 

ストラトにしてもテレキャスにしても、元々のコントロールはよく考えられているな~と改めて感じました。Leo Fenderは偉大です。

 

次はこれのピックアップでも改造するか~

f:id:smeagol19:20200701145023j:plain

 

・・・と思ったら、ゴトーのピックアップ、悪くないどころか良い。特にネック側はとんでもなく素晴らしい。何つけたか忘れたけど。

 

このテレキャスターはボディはコリーナで、塗装はニトロセルロースラッカーで仕上げた代物で、どうせコリーナなんだからLes Paulの出音に近づけるかと妄想してました。だがしかしで、トーンを絞ったときの音以外に特に不満はないんで、コンデンサーでも交換しますかね。

 

とか書いておいて、Seymour DuncanのSTL-2Hotを買っちゃいました。届いたらさっそく取り付けてみます。

 

・・・こうしてピックアップが増えていくんですよね。

 

ほなほな。

セミアコとフルアコのピックアップ交換

イケベのポイントが大量に貯まっていたんですよ。いろいろ買ってますからね。

 

ギターかベースを買って魔改造して遊ぶか?と思ったものの、置き場所の問題から断念。それなら・・・とピックアップその他を買いました。

 

まずはEpiphoneのES-339 Pro。ペグを交換したりナットを交換したりブリッジを交換したりテールピースをいじったり、いろいろしてきました。

f:id:smeagol19:20200628141602j:plain

 

今回選んだのはEMGのThe Revelation SetのChrome

イケベ楽器店Website | EMG REV SET [The Revelation Set] (Chrome) 【お取り寄せ商品】 【安心の正規輸入品】

 

見た目は普通のハムバッカーですね。

f:id:smeagol19:20200628141615j:plain

 

Prashant Aswaniというギタリスト?のシグネーチャーモデルらしいです。これはパッシブなので電池はいりません。

 

感想は・・・クリーントーンが素晴らしい! EMGなのでよほど歪ませでもしない限りノイズは出ません。バランス、音のヌケ、どれも予想以上でより万能なギターになりました。かなりアクティブに近くなってます。

 

ちなみに私はテールピースは高めにしてFixerで固定しています。こうすることで倍音が増えて音がより抜けるようになります。コードを弾いたときの響きもこちらのほうが私は好きです。

f:id:smeagol19:20200628141626j:plain

 

続いてIbanezのAFJ95。手持ちの60本近いギターの中でもトップ10に入るお気に入りです。

f:id:smeagol19:20200628141637j:plain

 

これに載せたのはEMGのH4です。

イケベ楽器店Website | EMG H4 【安心の正規輸入品】

 

Tuck Andressが好きだからか、見た目に違和感はありません。

f:id:smeagol19:20200628141553j:plain

 

H4はあまり評判はよろしくありません。81と比べるとパワーがないとか、使い方が難しいとか・・・などなど。

 

AFJ95に載せてみたら、フルアコのモコモコさが程よく消えて元のピックアップより弦の鳴りが感じられるようになったような印象を受けました。トーンを絞った音も高音域が残ってアコギらしい音で使えます。これは339に載せたRevも同じで、EMGのトーンポットへの評価が覆りました。

 

EMGは元々はフュージョン系のギタリストが使っていたのが、HR/HMのギタリストが使うようになり、見た目が独特なこともあって特定のジャンルを愛好するギタリスト以外見向きしないイメージがあります。だがしかしで、ノイズレスということは歪み系だけではなく空間系のエフェクターとも相性は良いんです。HR/HM専用扱いするのは非常にもったいない。

 

EMGはニュアンスが出しづらいというのも迷信だと思います。巨匠はEMGを載せたギターでこんな演奏してますし。・・・巨匠、凄すぎる。


Larry Carlton - Emotions wound us so (live Last Nite album)

 

改造といえば、自作5号機の配線を変えたので、そのうち書きます。

f:id:smeagol19:20191117111457j:plain

 

ほなほな。

Hearts and Bones / Paul Simon

1981年の9月に、ニューヨークのセントラルパークでSimon & Garfunkelのフリーコンサートが行われました。

 

元々、Paulにフリーコンサートの依頼がきて、それならとArtを誘った結果、世界ツアーに出ることになり、その後、発売されたのが今回取り上げる”Hearts and Bones”です。

 

S&Gの復活にファンは熱狂し、レコード会社は金儲けのネタができたと狂喜し、Artもソロとしては金太郎飴みたいなアルバムを出して売上も評価も落ち気味だったので、願ったり叶ったりだった・・・はず。

 

Paulが作り始めていたソロアルバムにArtが参加することで大ヒットした”Bridge Over Troubled Water”に続くアルバムが発売する流れになったものの、PaulはArtが録音した部分をバッサリと削除して、当初の予定通りソロアルバムとして発売しました。結果は・・・売上的には大失敗に終わりました。

 

ファンの怒りと失望はごもっともかもしれませんが・・・

 

PaulのアルバムにArtの声を入ればSimon & Garfunkelのアルバムになるって安易すぎませんか? 音楽なめてませんか?

 

と私は思います。PaulとArtが並んで歌ってりゃなんでもいいのかと。そうじゃないでしょうに。Simon & Garfunkelとして、ゼロから2人で作ってこそS&Gのアルバムになるんですよ。

 

なので、私はPaulの選択は間違っていなかったと強く言いたいです。はい。

 

収録曲は下記の通り。赤字はお気にいりです。

  1. Allergies
  2. Hearts and Bones
  3. When Numbers Get Serious
  4. Think Too Much (b)
  5. Song About the Moon
  6. Think Too Much (a)
  7. Train in the Distance
  8. Rene and Georgette Magritte with Their Dog After the War
  9. Cars Are Cars
  10. The Late Great Johnny Ace

全体的に、80年代っぽいサウンドです。楽器の音量バランスが悪いのが残念かな。ドラムやギターの音が大きすぎるときがあって気になります。1にはAl Di Meolaが参加していて速弾きを披露してます。ほぼ生音なので新鮮です。doo-wopっぽい8が異色を放っています。

 

あまりPaulらしくないAllergies


Paul Simon - Allergies

 

歌詞の方はかなりプライベートな内容で、1と2は2番目の妻となったCarrie Fisherとの関係を歌ったもの、7は最初の妻Peggyとの結婚のことを歌ったものとなってます。10は自伝的というか何というか。前作は映画の主人公について歌ったものなので対象的な内容になっています。

 

個人的に好きなのは”Hearts and Bones”と” Train In The Distance”ですね。どちらもライブで頻繁?に披露されています。

 

久々にPaulの名人技が堪能できる”Hearts and Bones”。


Hearts and Bones-Paul Simon [On-Screen Lyrics; HD]

 

前作の”How The Heart Approaches What It Yearns”同様、聴いていると情景が浮かんでくるような歌詞の”Train In The Distance”。


Train In The Distance - Paul Simon

 

弾き語り版もけっこう良いです。ギターのスタイルがS&G時代からだいぶ変わってます。


Train in the Distance, Paul Simon

 

信者に近いファンの私でも聴こうと思わない曲が何曲か入っていたりしていますが、「失敗作」で片付けられるのは非常にもったいないアルバムだと思います。

 

S&GのPaulではなくソロとしてのPaulが大好きなので、懐メロ大会をやられるよりはアルバムを出される度に「今回は何やってるんだろ?」と驚きたいですよ。(笑) 懐メロを聴きたいなら過去作を聴けばいいわけで。

 

次回はPaulの最高傑作と呼べるかもしれないアルバムについて書きます。

 

ほなほな。

One Trick Pony / Paul Simon

CBSの社長だったClive Davisが1973年に解任されたことで、PaulはCBSと契約延長はしないだろうと思われていたそうですが、Paulが新天地として選んだのはWarnerで、なんと映画を作りました。

 

当初、Paulは誰かと一緒に映画を作って、その映画のための曲を書きたかったようです。しかし、その誰かが見つからなかったため、自分で脚本を書いて主演まで務めてしまいます。

 

完成した映画”One Trick Pony”はヒットせず、日本での公開もなし。2009年までDVD化もされませんでした。落ちぶれたミュージシャンが主役でハッピーエンドではないと聞くとそれも仕方がないかなと思います。ちなみに私はまだ映画は観たことがありません。そのうちDVDを手に入れて観てみようかな・・・とは考えています。

 

収録曲は以下の通り。例によって例のごとく、好きな曲は赤字にしてます。

  1. Late in the Evening
  2. That's Why God Made the Movies
  3. One-Trick Pony
  4. How the Heart Approaches What It Yearns
  5. Oh, Marion
  6. Ace in the Hole
  7. Nobody
  8. Jonah
  9. God Bless the Absentee
  10. Long, Long Day

映画はPaul率いるバンドが主役?ということで、映画にも出演しているメンバーが演奏も担当しています。

このメンバーで三流ミュージシャンを演じるのは無理がありますね。(笑)

 

過去作のような数多のアーティストとの共演ではなく固定メンバーによる演奏なので、音はさすがにまとまっています。BluesやJazzっぽさがあるRock & Rollみたいな。アルバムもそれなりにヒットしたようです。

 

”Late In The Evening”はPaulの代表作の一つで、Paulにしては珍しく明るい歌詞です。アレンジも秀逸で、ファンでなくても良い曲だと思うでしょう。


Paul Simon - Late in the Evening

 

"One-Trick Pony"、"Ace in the Hole"、"God Bless the Absentee"はバンドのサウンドが堪能できて良いです。特にRichard Teeのボーカルが聴ける”Ace in the Hole”は好きですね。


Paul Simon - Ace In The Hole

 

イントロのRichard Teeのピアノが良い”God Bless the Absentee”


One-Trick Pony Track 9 - God Bless The Absentee

 

このアルバムを初めて聴いたときから今に至るまで一番好きな曲は”How The Heart Approaches What It Yearns”です。


How The Heart Approaches What It Yearns

 

8分の10拍子という変態変則リズム、Eric Galeのガットギターを使ったプレー、何より情景が思い浮かぶ歌詞が好きで好きで。アレンジやメロディも含めて、完璧に近い曲なのではと勝手に思ってます。はい。

 

歌詞は特にこの部分とか好きですね。。

In a phone booth
In some local bar and grill
Rehearsing what I'll say, my coin returns
How the heart approaches what it yearns

コインを入れて電話をかけるなんて、「ダイヤル回して手を止めた」と同じくらい若い人には理解できない世界かもしれませんが、相手に想いをどう伝えればわからず悩む気持ちはたぶん世代に関係なく理解される・・・はずです。

 

”想いこがれて”という邦題もぴったり合いますね。Paulの作品に限らずまともな邦題がつくのは珍しい(ry

 

次回はPaulが後に失敗作と認めて、いろいろ物議をかましたアルバムについて書いてみます。

 

ほなほな。

 

 

 

 

Still Crazy After All These Years / Paul Simon

緊急事態宣言の解除、意味がよくわからなかった東京アラートの解除と、徐々に日常が戻りつつありますが、東京は相変わらず感染者が2桁出てますね。本当に、東京アラートって何だったのやら。

 

さて、今回は1975年に発表された"Still Crazy After All These Years"の紹介になります。

時の流れに

時の流れに

 

 

このアルバムは高校に入ってすぐの頃、まずレコードで買いました。・・・プレーヤーを持ってなかったのに。(笑) ちなみにS&Gのアルバムはカセットで揃えました。

 

確か、私にHR/HMを教えた友達の家で聴かせてもらい、趣味の相違を痛感させられたんだったかなぁ。今から30年以上も前の話です。当時は貸しレコード屋の終焉の時期で、1枚500円くらいで投げ売りされていたのを何枚も買いました。

 

収録曲は以下の通り。私の好きな曲は赤字のやつです。

  1. Still Crazy After All These Years
  2. My Little Town
  3. I Do It For Your Love
  4. 50 Ways to Leave Your Lover
  5. Night Game
  6. Gone at Last
  7. Some Folks' Lives Roll Easy
  8. Have a Good Time
  9. You're Kind
  10. Silent Eyes

前作まではPaulのギターが聴きどころの一つだったのですが、このアルバムではほとんど目立ちません。コード進行もいわゆるフォークをやる人が使わなそうなものが多いです。

 

今までレゲエやフォルクローレ、ゴスペルといった異なるジャンルとのコラボが目立っていたのが、今作ではそれも目立たず、Jazz系の凄腕を集めたからか、洗練された音作りがされています。

 

ドラムのSteve Gadd、ピアノのRichard Tee、サックスのMichael Breckerなど、ツアーにも長らく同行するメンバーもこのアルバムから参加しています。

 

Paulにとってはこのアルバムでグラミー賞の最優秀アルバム賞と男性ポップ・ボーカル部門の2部門を受賞したので、ソロとしても大成功したと言えますかね。

 

このアルバムで個人的に好きなのは6の”Gone at Last”です。Richard Teeの躍動感あふれるピアノがとにかくとてつもなく素晴らしい! パンチの効いたPhoebe Snowのボーカルも良いです。後から発売されたリマスター盤にはこの曲のデモ版が入っていて、それはそれでぜんぜん曲調が違っていて面白いです。

 

7の"Some Folks' Lives Roll Easy"は書いた本人が地味と認める曲ですが、私は最初に聴いたときから好きです。


Paul Simon - Some Folks' Lives Roll Easy

 

Paul本人によるアレンジ、曲中で半音ずつずれるコード進行など、音楽的にも興味深いんですけど、歌詞が「順調に人生を歩めるのはわずかな人で、大半は落ちるだけ」という成功者らしからぬ悲観的な内容で、好みです。

 

この人達のカバーも良いです。


Some Folks' Lives Roll Easy

 

このアルバムは”50 Ways to Leave Your Lover”がヒットして、久々にArt Garfunkelと組んだ”My Little Town”が話題になったそうで、そちらは私にはピンときません。

 

何故かスタジオ・アルバムには収録されなかった2曲の方が曲としてははるかに良いと言うか好みですね。

 

Paulの代表曲の一つと言える”Slip Slidin' Away”


Paul Simon - Slip slidin' away

 

アレンジがかっこいい"Stranded in a Limousine"。この曲が好きという人に一度しか会ったことがありません。(同年齢で誕生日が一日違い、ギタースタイルがそっくりという奇跡的な出会いでした)


Stranded in a Limousine

 

このアルバムの後、ベスト盤(何枚出してるんだろう)を出してPaulはCBSを離れ、Warnerに移籍します。そして発表されたのは・・・Paulが脚本と主演を務めた映画。アルバムはその映画のサウンドトラックでした。

 

その話はまた次回に。

 

ほなほな。

 

Paul Simon in Concert: Live Rhymin' / Paul Simon

 ジャンルを問わず、ライブ盤って好きなんですよ。後から手直しするアーティストもいるみたいですが、昔のアーティストのライブ盤は名盤が多いと思います。

 

まず、Jimi Hendrix。公式に発売されているMonterey Pop FestivalやWoodstockの音源、Bob DylanとThe Bandの”Before the Flood”、The Allman Brothers Bandの”At Fillmore East”などなど、素晴らしいアルバムばかりです。

 

PaulはS&G時代もそうですが、スタジオでより力を発揮するタイプで、スタジオ・アルバムの再現をライブでやるのはほぼ難しい場合が多い印象があります。”The Boxer”とか。ソロになってからはバンドでやる想定の曲がほとんどで、ツアーでは大規模な編成を組むことが多いような。(たまにソロでやってたりもしてました)

 

で、今回取り上げる”Live Rhymin'”は中期?までのS&G時代を彷彿とさせるシンプルな構成になってます。

ライヴ・ライミン

ライヴ・ライミン

 

 収録曲は下記の通り。リマスター版は2曲追加になっているそうな。(買わねば)

  1. Me and Julio Down by the Schoolyard
  2. Homeward Bound
  3. American Tune
  4. El Cóndor Pasa (If I Could)
  5. Duncan
  6. The Boxer
  7. Mother and Child Reunion
  8. The Sound of Silence
  9. Jesus Is the Answer
  10. Bridge over Troubled Water
  11. Loves Me Like a Rock
  12. America

1~3と12はPaulの弾き語り、4~6はUrubamba(Los Incas)との共演、7、8、10、11はThe Jessy Dixon Singersとの共演、9はThe Jessy Dixon Singersのみの演奏になっています。

 

スタジオでより力を発揮するタイプとはいえ、演奏技術もずば抜けているので弾き語りのレベルも半端ないです。


Paul Simon Live Rhymin' Track 1 - Me & Julio Down By the Schoolyard

 

Urubambaと共演した曲はオリジナルでも共演しているので安定した出来栄え。オリジナルでは共演していない6はライブ盤の醍醐味が味わえます。


Paul Simon Live Rhymin' Track 6 - The Boxer

 

このアルバムの素晴らしいところ・・・というか、Paulの凄さが感じられるのはゴスペル・グループThe Jessy Dixon Singersとの共演ですね。

 

レゲエがゴスペルになっているこれとか


Paul Simon Live Rhymin' Track 7 - Mother & Child Reunion

 

S&Gの初期のヒット曲もゴスペルに。


Paul Simon Live Rhymin' Track 8 - The Sound of Silence

 

S&G最大のヒット曲でArtの美声が際立っていたこの曲も・・・


Paul Simon Live Rhymin' Track 10 - Bridge Over Troubled Water

 

"Bridge Over Troubled Water"はこのテイクとPaulがギターで弾き語りをしたデモテイクが一番好きです。このアルバムのテイクはオリジナル以上にソウルフルで感動的です。


Bridge over troubled water Paul Simon (Demo)

 

大ヒットする類のアルバムではないものの、音楽通をうならせる出来の名盤・・・と断言したいです。ライブでのアレンジの巧みさ、いろんなユニットと組んでも他のジャンルを大胆に取り入れてもPaulの音になってしまう凄さ、S&GのSで終わらせるのは失礼すぎる稀有な才能、能力であるとファンとしては強く言いたいです。

 

本当に、何故に日本では評価が低いのか・・・orz

 

次回はグラミー賞を受賞したアルバムの紹介をします。

 

ほなほな。

 

There Goes Rhymin' Simon / Paul Simon

今回は1973年に発表されたアルバム、”There Goes Rhymin' Simon”についてあれこれ書いていきます。

 

Paulはどちらかというと寡作な方なんですが、これは前作の翌年に発表されました。よほど充実してたんですかね。

ひとりごと(紙ジャケット仕様)

ひとりごと(紙ジャケット仕様)

 

 収録曲は下記の通り。個人的に好きな曲、良いと思う曲は赤字にしてあります。

  1. Kodachrome
  2. Tenderness
  3. Take Me to the Mardi Gras
  4. Something So Right
  5. One Man's Ceiling Is Another Man's Floor
  6. American Tune
  7. Was a Sunny Day
  8. Learn How to Fall
  9. St. Judy's Comet
  10. Loves Me Like a Rock

このアルバムの特徴の一つとして、プロデューサーが盟友Roy HaleeからPhil Ramoneに代わったことが挙げられます。

 

PaulはRoyと組むつもりだったんですが、RoyはArt Garfunkelのソロアルバムの制作に時間を取られていて、完成直前にArtが旅に出てスケジュールが読めなくなったために交代したんだそうです。

 

Phil RamoneはBilly JoelBob Dylanと組んで数々の名盤を出した名プロデューサーで、マンネリを嫌うPaulにとってはRoyと組めなかったことは逆に良かったのではないかな~と勝手に思っていたり。

 

1と10をはじめとする半分くらいの楽曲はMuscle Shoals Rhythm Sectionと組んで録音したもので、ソウルやゴスペルがうまく取り入れられてます。アレンジの巧みさも

 

このアルバムの中で一番好きなのは2の”Tenderness”です。50年代っぽいサウンドとアレンジも良いのですが、特に好きなのは歌詞です。Paulの曲はたまに英語が母語じゃないのに入ってくることがあって、これもそのうちの一つです。

 

6の”American Tune”はPaulのソロにしては珍しくアコギで弾き語りができる曲で、S&Gっぽさがあるからか、人気があるみたいです。S&Gの再結成でやったバージョンが素晴らしいと言う人が私の周りにもけっこういます。


Simon & Garfunkel - American Tune (from The Concert in Central Park)

 

私はS&G版は大嫌いですがね。

 

声とハーモニーは綺麗だけど、ただそれだけ。当時、アメリカの大統領選でRichard Nixonが勝った絶望感から生まれた歌詞なのに、聴きやすさの代償に大事なものが抜けてしまったような印象を受けます。シリアスさがないというか。

 

こっちの方が伝わるものがあって断然良いです。


Paul Simon - American Tune (1975)

 

Paulはジャンル的に何の人なのかというと、それはフォークではないんです。彼のヒーローは50年代のロックスター達で、デビュー曲はこれですから。


Hey, School Girl by Tom and Jerry 1957

 

核になるのはビートで、Paulの一連のソロアルバムは世界中の音楽のビートの博覧会みたいな感じになってます。50年代に生まれたロックンロールの後継であり発展形の一つ、と言っても過言ではないはず。

 

そういえば、ニコンのカメラに興味を持ったのはこの曲がきっかけでした。Paulは”ナイコン”と発音してますが。


Paul Simon - Kodachrome (HQ)

 

次回は1974年に発表されたライブ盤の紹介をする予定です。

 

ほなほな。