Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

CHUWI Gemibook 13インチ

もう9月も半ばですよ。相変わらず仕事に追われまくってます。

 

前々からAmazonで、知らないメーカーのラップトップを見かけてきて、ちょっと興味が湧いていたんです。いわゆる中華ノートってやつです。

 

LenovoAsusといったメーカーもあるので、一概にダメだと決めつけるのは良くない・・・けれど、スペックと値段が見合ってないし、サポートも不安、というか、

 

 

ラップトップ使い切れないくらい持ってるじゃん?

 

 

というわけ?で、買いました。お値段は34,000円でした。スペックは以下の通り。

  • メーカー:CHUWI
  • シリーズ名:2021 gemibook
  • CPU:Intel Celeron GemiLake J4125
  • メモリ:LPDDR4 8GB
  • SSD:256GB
  • ディスプレイ:13インチ 3:2 4Kディスプレイ
  • OS:Windows 10 Home
  • その他:PD充電可能

改めて、買値は新品で34,000円でした。

 

まずは箱。・・・こっちは裏面でした。

f:id:smeagol19:20210913110202j:plain

 

こっちが表でした。CHUWIと書いてツーウェイと読むそうです。東芝の家電部門を買収した美的集団もMIDEAって書くので、中国語は面白いです。そういえばMIDEAってミデアなのかマイディアなのか、どっちなんですかね。

f:id:smeagol19:20210913110231j:plain

 

側面にはスペックのステッカーが貼ってあります。Linuxモデルもあるんでしょうか。

f:id:smeagol19:20210913110205j:plain

 

中身。割とちゃんと梱包されてます。細長い箱にはACアダプターが入ってます。

f:id:smeagol19:20210913110208j:plain

 

ちょっとチープな質感のACアダプターと本体。もっと雑な梱包だと思ってました。アダプターはコンセントに挿す部分が折りたたみ可能で、好印象です。

f:id:smeagol19:20210913110212j:plain

 

本体。筐体は金属素材が使われてるみたいです。触るとひんやりしてます。ロゴは光ったりしません。

f:id:smeagol19:20210913110215j:plain

 

裏面。右側にあるフタを開けるとSSDスロットが見えます。ここにm.2でSATASSDを挿すと増設できます。ちなみに、フタを固定するネジとSSDを固定するネジが異常に固くてギターの改造とかで使う電動ドリル兼ドライバーを使って外しました。接着してるのかと思う固さでした。

f:id:smeagol19:20210913110218j:plain

 

右側面は電源ポートとUSB-Cのポートのみ。小さい穴はマイクらしいです。

f:id:smeagol19:20210913110221j:plain

 

左側面は、かなり見づらいですけど奥側にUSB 3.0ポート、手前にMicroSDカードスロットと3.5 mmイヤホンジャックがついてます。

f:id:smeagol19:20210913110224j:plain

 

キーボードはUSキー、いわゆる英語キーボードです。タッチパッドは広め。さすがにここは金属素材ではなくプラっぽいです。

f:id:smeagol19:20210913110227j:plain

 

セットアップ中は、コルタナの声が毎回必ず最初の方が再生されない現象が起きた以外は問題なし。音声の再生は、必ずワンテンポ遅れるというか、何なんでしょう?

 

試しにDaznでサッカーの試合を観戦してみました。液晶は普通に綺麗で、スピーカーも普通に良いです。手持ちのラップトップと比べると、Macには劣るけれどLG Gramよりは良い感じ。(初代のLG Gramのスピーカーはしょぼい) もたつく感じもなく、ちょっと残念でした。もっとヤバいのを期待してました。(ぉ

 

難点は、熱です。熱。

 

膝の上に載せて作業とかすると、たぶん火傷します。冷却台かなんかの上に乗せて使ったほうが良さそうです。

 

あとは、増設用のSSDをつけるとき、フタの裏にあるテープは剥がさないで良さそうです。または、剥がして冷却シートを貼った方が良いかもしれません。

 

ネットサーフィンや文書作成くらいなら、十分に使える製品だと思います。既にデスクトップを使っていて、Officeのライセンスが余ってる~なんて人にはおすすめ。これが34,000円とかおかしいですよw しっかり、Windows 11にも対応してますしね。

 

中華製品、いや、中国メーカー恐るべし。

 

ほなほな。

 

 

テレワークを始めて使わなくなったもの

あっという間に8月が終わりました。仕事が忙しいと時間がたつのが本当に早いです。

 

去年の1月から始まったテレワーク生活も21ヶ月目に突入ですよ。通勤しなくて済むこと、外食に使う金額が減ったことはメリットですが、運動不足になりますね。朝から夜まで座りっぱなしで作業してきたせいで、ちょっと歩くとしんどいです。

 

最寄りのスポーツセンターは閉まってますし、温水プールも閉まっていて、散歩するかサイクリングするくらいしか方法が思いつかないんですが、性格的に目的なしで歩いたり自転車で走るのが苦手で。あと、夏は暑いですしね。

 

さて、今回のネタは、テレワーク生活が始まってから使わなくなったものです。その製品がダメだというわけではないので、あしからず。

 

タブレット

KindleiPadも使わなくなりました。ずっとPCの前にいますからね。作業中に動画やら何やらを観るときはモニター大きいラップトップを使いますし、出番はゼロになりました。

 

Pocket WiFi

持ってることすら忘れてました。スマホテザリングもありますし、私が持ってるY!mobileは回線がsoftbankになってしまったこともあって、解約を考えています。softbankWiFiはつながりにくい感じがします。auと長年併用してきた感想です。

 

ワイヤレスイヤホンとヘッドホン

せっかくSENNHEISERのそれなりに高いイヤホンとヘッドホンを買ったのに、完全に置物と化してます。会議をするときは骨伝導ヘッドセットを使うのと、音楽を聴いたりするときはUSB接続のヘッドホンを使ってます。そもそも、PS4とかにはそのままでは使えませんしね。

 

履くとしたらサンダルですね。外に出るのはタバコを買いにコンビニに行く時くらいです。飲み物とかはすべてヨドバシかAmazonです。自炊に飽きたら出前館。ネット上のコロナの闘病記を見てから、本当に必要な時しか外には出なくなりました。

 

カバン

外に出ませんからね。まとめて倉庫に放り込みました。

 

カメラ

テレワーク生活に入るまでは常に持ち歩いていて、景色とか撮影してたんですけどね。机の上に置きっぱなしです。ブログ用の撮影はiPhone XRばっかり使ってます。データの転送がだるいんですよ。

 

スマホ

通話はMeetかSlackかLINEを使うので、スマホも置物と化してます。基本的に電話で話すのが大嫌いなので、ネットサーフィンやゲーム、チャット用途で使ってました。

 

他にも会議の時以外は上半身裸がデフォになったりしてますが、どうでもいいので割愛します。

 

コロナがいつ収まるのか、働き方は元に戻るのか、よくわかりませんけど、確実に言えるのは、もう満員電車には耐えられないってことです。通勤自体、もう耐えられないかもしれません。

 

ほなほな。

Windows 11に備えてPCを新調する。(おまけ)

昨日、こんなのを買ったんですよ。

 

 

見ての通り、ケースファンをUSB接続に変換するケーブルです。ところで、Mauknciって何て読むんですかね? マウクンチ?

 

何のために買ったのかというと、取り付けた翌日に動かなくなったこいつの検証をするためです。 

 

誰かの役に立つかどうかはさっぱりわからない(たぶん役に立たない)と思いつつ、取り付け時のことを書いてみます。

  • AUTOモードでは動くがPWMモードでは止まる。
  • 動作時の音が変。ポンプがちゃんと動いてない感じ。
  • 翌日、いきなりCPUの温度が100℃を超えて落ちるようになった。
  • 何度電源を入れ直しても症状変わらず。
  • 取り付け直しても症状変わらず。
  • AUTOにしてもPWMにしても動かない。

こりゃダメだってことで空冷にしたわけです。

 

しかし、安売りで1万円未満だったとはいえ、このまま置物にするのもなぁ~と思い、最後のあがきで変換ケーブルを買った次第。これなら取り付けなくてもテストできますし。

 

作業は昨日の夜中に思いつきでやったので画像はありません。

 

まず、Celsius S24のラジエータに120mmファンを取り付けた後、ASRock X300の前面にあるUSB 3.0ポートにつないで・・・

 

動かない。orz

 

もしかしたら・・・と思ってケースファンだけつないだら・・・

 

ケースファンも動かない。orz

 

口直しにJOJOの第二部を観て、シュトロハイムのセリフを聞いてMPを回復しました。

 

「う…うろたえるんじゃあないッ!ドイツ軍人はうろたえないッ!」

 

次に、USBケーブルをPC本体ではなく、ACアダプタにつなげました。すると、ケースファンは普通に回転し始めました。

 

そして、Celsiusu S24につないでみたら・・・

 

動かない。orz

 

しかし、くじけずに何度か電源を入れ直したら・・・

 

動いた!(゚∀゚)

 

AUTOモードでもPWMモードでも動作音は変わるものの、動きます。動作音も、取付直後のものとは明らかに違い、安定してる感じがしました。(何じゃそりゃ)

 

10回くらい電源を入れたり落としたりしても、動作します。X300につないで動かなかったのは12Vじゃなかったからでしょう。たぶん。しかし、新調したPCでCPU FANやPWMのところに挿して動かなかったのは謎ですね。

 

というわけで、動作しなかった理由は不明ですが、Fractal DesignのCelsius S24はたぶん使えます。

 

さて、どうしようw

Windows 11に備えてPCを新調する。(1)

新調?はとっくに終わっているのに、書くのを忘れていたというか、相変わらず仕事が忙しいです。

 

プロジェクトのチーム編成で何度もミスしているのに、編成する側がそれを受け入れようとせず、現場が疲弊していく悪循環。お客さんが上層部を追及してくれることを祈る毎日です。

 

さて・・・

 

先月の末にメインのデスクトップを新調するとブログに書きました。確か、次の日にTSUKUMO eX.に行って、パーツを買い揃えたような。

 

大昔と違い、パーツショップもだいぶ減ってしまったため、だいたい私はTsukumoでパーツを買ってます。量販店より店員さんも詳しいですしね。

 

詳しそうな店員さんをつかまえて、以下の条件を伝えてパーツを選んでもらいました。

  • 簡易水冷をやりたい
  • ケースの幅は210mmまで
  • グラボは手持ちのを流用する
  • 予算は30万
  • 光らなくてよい

結果、店員さんが選んだのはこれ。

  • CPU:AMD Ryzen 5 3600
  • M/B:MSI MPG B550 GAMING PLUS
  • メモリ:Crucial CT2K16G4DFS832A
  • ケース:Fractal Design Define 7 Compact
  • SSD:Crucial P5 1TB PCIe M.2 2280SS
  • HDD:SEAGATE ST6000DM003 x 2
  • 電源:ANTEC NeoECO Gold NE750G
  • CPU クーラー:Fractal Design Celsius S24

在庫の関係でCorsair縛りをするつもりが、方針転換することになりました。メインのデスクトップに使っていたMSI Radeon RX 570 ARMOR 8Gを加えて、組み立てました。

 

MSI製品を使うのは何年ぶりなのやら・・・

f:id:smeagol19:20210820044508j:plain

 

そして組み立て完了。

f:id:smeagol19:20210820044455j:plain

 

Define 7は、付属品に欠品があった(HDDをマウントするゴムのパーツ)ことを除けば、かなり満足のいく、組みやすいケースでした。技術の進歩を感じました。

 

簡易水冷のポンプ?から変な音がする以外は問題もなく、OSのインストールをしてその日は就寝。翌日、セットアップの続きをやろうとしたら・・・

 

オーバーヒートで強制終了が頻発

 

CPU温度が100℃を超えてました。^^; 前日は30℃台だったんですが・・・

 

ラジエータにつけたファンは回っているものの、前日、異音を発していたポンプがやけに静かで動いてる気配がありません。一日で壊れた・・・というか、もともと不良品だったのかもしれません。orz

 

試しにCPUのリテールクーラーをつけたら、普通に動きました。が、性能が若干不安な気がして、ヨドバシでainexのSE-224-XTAとScytheのKAZE FLEX 140 SQUARE PWM 1200rpmを注文して取りに行きました。ついでに、M.2のSSDを取り付けるネジもなかったので購入。ASRockのX300マザーボードについてたんですがね。

 

そして取付。

f:id:smeagol19:20210820044650j:plain

 

SE-224-XTAはグリスが塗りにくいこと以外は不満なし。取付も楽で性能も悪くありません。

 

f:id:smeagol19:20210820044504j:plain

 

ScytheのFANはラジエータを取り付けていた部分につけました。これは良い買い物でした。風量が多い割に静かでグッドです。

 

試しに、あまり好きじゃないベンチマークを測定してみたところ、前より1.7倍くらい良くなってました。Photoshopとかを使うと性能向上の恩恵を感じます。

 

簡易水冷が不良品だったのは残念無念でした。空冷よりめちゃくちゃ冷えるわけでもなく、静かなわけでもないので、たぶん簡易水冷にはもう手を出さないでしょう。寿命もありますしね。

 

※時間ができたらちょっと調べるつもりではいます。

 

というわけで、誤算もありはしたものの久々の自作は楽しかった~。サブのデスクトップもCPUをRyzen 3 3200Gにしましたし、自室と仕事部屋のモニターも新調しましたし、しばらくはPC関連には金は使わない・・・はずです。たぶん。おそらく。

 

ほなほな。

AfterShokz OpenComm

何だかんだでテレワーク生活も1年半以上。オンとオフの切替がしづらかったり、座りっぱなしで運動不足になったりするデメリットがある反面、通勤しないで済むメリットはでかいです。

 

今回のネタはAfterShokzのワイヤレス骨伝導ヘッドセット、OpenCommです。何ヶ月か前に買いました。

 

OPENCOMMaftershokz.jp

 

今までMTGに参加するときはゲーミングヘッドセットを使っていました。特に不満はなかったんですが、何か面白そうなものはないかとヨドバシに行ったとき、デザインに惹かれて衝動買い。(ぉ

 

ヘッドセット本体はこんな感じ。色はライトグレーを選びました。かなり明るめのグレーです。

f:id:smeagol19:20210813212030j:plain

 

音が出る部分。こめかみ付近に当たる感じで装着して、頭蓋骨の振動を内耳に伝えて音を脳に伝えるんだとか。音質はいたって普通。

f:id:smeagol19:20210813212043j:plain

 

マイク部分。機能性は上々です。

f:id:smeagol19:20210813212047j:plain

 

コントロール部分はいたってシンプルです。音量のプラスとマイナスのみ。プラスボタンは電源ボタンでもあります。電源が入るとき、接続が終わったとき、電源が落ちるときに日本語の音声が流れます。

f:id:smeagol19:20210813212034j:plain

 

Oの部分がインジケータになっていて、充電時は赤く、電源が入っているときは青く光ります。

f:id:smeagol19:20210813212038j:plain

 

充電ケーブル。

f:id:smeagol19:20210813212056j:plain

 

コネクタ部分は独自形状で磁石で正しい位置(向き)に必ずくっつきます。しかも、汗や水が付着したまま付けると警告音が鳴るというギミック付き。よくできてます。

f:id:smeagol19:20210813212053j:plain

 

ちなみに、一度充電すれば10時間以上使えます。また、充電ケーブルはAmazonで1000円くらいで買えます。素晴らしい。

 

付属のキャリングケース。 

f:id:smeagol19:20210813212105j:plain

 

ぴったり収まります。

f:id:smeagol19:20210813212101j:plain

 

実際に何ヶ月か使ってみた感想は

  • 軽さは正義。
  • 家にいるからか音切れは一切なし。
  • 周りの音が聞こえるのは超絶便利。

一言で言えば、最高。

 

不満点は、一度だけ充電がいつまでも終わらなかったことくらい? それもつなぎ直したら充電完了しました。イヤホンみたいに外れる心配がなく、ヘッドホンみたいに耳が蒸れることもなく、他の製品は使う気になりません。

 

使用中の音漏れに関しては検証してませんが、基本的に家でしか使わないので気にしません。

 

久々に、買ってよかったと思いました。これで2万は高くないです。

 

そのうち、以前のように外に出る機会が増えたら、音楽を聴くために骨伝導ヘッドホンを買います。

 

ほなほな。

サブのデスクトップのCPUを交換してみた。

サクッと作業が終わってしまったので写真はありません。

 

あと、オリンピックの男子サッカーについては何も書きません。カタールに負けた頃から何も変わっていないので。

 

さて、

 

メインのデスクトップの新調は、組み上げた翌日にトラブルが発生して、とりあえず今は安定稼働してます。そちらはまた別途書きます。

 

今回は開発用に組んだサブのデスクトップのお話。

 

M/B:ASUS PRIME B350M-A
https://www.asus.com/jp/Motherboards-Components/Motherboards/PRIME/PRIME-B350M-A/

CPU:AMD A12 9800

 

今まではこの構成で使ってきました。性能的な不満はなし。まぁ、普通に使えます。ただし、Windows 11にはアップデートできないっぽいです。

 

いっそ、全部新調しちゃおうか?とも思いましたが、調べてみるとB350M-Aは新しめのCPUにも対応しているそうで、それならCPUとCPUクーラーだけ新調しようかということに。

 

 あれこれ調べた結果、CPUはこれに決定。

 

ゲームや動画編集をするわけでもなく、ベンチマークの数字に興味もなく、開発用のIDEがそれなりに動けば良いので、まぁ、これで十分かと。

 

リテールのクーラーはいまいち冷えないという噂を聞いて、CPUクラーはこれを買いました。

 

ケースが割と小さめで光学ドライブの後ろの部分に干渉しそうなので背が高いクーラーはNG、できれば取付が簡単そうなもの・・・という条件で選んだ結果、KR01にしました。付属のグリスも塗りやすくて良い製品でした。

 

Amazonで探しているとき、知らない中華ブランドの光るやつにちょっと心を惹かれたんですよ。

 

こういうやつとか。値段も安めで楽しそうです。

 

が、別に光っても見えなきゃ意味ないですし、メインのデスクトップの簡易水冷が1日で故障した直後だったこともあって、知ってるメーカーのものにしました。簡易水冷のポンプがぶっ壊れたのには参りました。

 

作業的には

  1. 電源ケーブルを抜く。
  2. CPUクーラーとCPUを外す。
  3. Ryzen 3 3200GとKR01を取り付ける。
  4. 電源ケーブルを挿す。

で終了。BIOSはCPUを交換する前に更新しておきました。(超大事)

 

OSの再インストールやライセンスの認証は不要で、AMDからドライバーを落としてインストールするだけで動きました。

 

感想としては、少し快適さが増したかな?といったくらいですかね。CPUがATOMとかでなければストレスを感じることはないでしょう。CPUよりSSDを使うこと、メモリを16GB以上にすることの方が大事かもしれません。

 

そのうち、聞いたことがないメーカーのパーツで1台組んでみたいですね~。

 

ほなほな。

 

なでしこジャパンが負けたわけだが

オリンピック、私はサッカーだけ観てます。

 

 

昔は柔道も観てたんですけど、私が知ってる柔道とは別物のスポーツになったので観なくなりました。30年以上前に「部活の柔道」を知った時、武道としての柔道が失われることは予想できていました。つまり、試合の勝ち負けを重視して武道の精神を軽視した柔道もどきは日本発祥で、海外で劣化したわけではないと私は考えます。

 

さてさて、サッカーの方は女子は準々決勝で敗退して男子は準決勝まで進みました。

 

男子が良くて女子がダメとは思いません。どちらも前々から同じ欠点を抱えていて、男子も準々決勝で敗退してもおかしくありませんでした。格下扱いされていたニュージーランドはとても良いチームでしたし。

 

どんな欠点があるのかというと、それは守備も攻撃も選手任せなこと。「選手の自主性を重んじる」らしいです。

 

男子の準々決勝ニュージーランド戦は堂安も久保も責任感が空回りしたのか、右サイドの橋岡を使わずに、無理やり中から攻めようとして失敗するケースが多かったです。

 

女子は、スウェーデン戦は予選リーグより少しはましになったものの、守備のコンセプトがないから岩渕が前線からプレスをかけても他が連動せず、パス回しも責任回避したいようなパスばかり、挙げ句の果てには長谷川を下げてサイドバックの北村を入れたり、遠藤を入れてもまったく機能しないなど、散々でした。

 

能力がある監督だったら、状況は変わっていたでしょう。

女子に関しては、国歌を歌わないのにBLMへの共感を示したりと、ファン層を拡げたり国民の支持を受けるという意味でやってはいけないことをしたのも残念でした。

 

結局、ジーコに任せて大失敗した経験がまったく活かされていないんですよ。

女子に関しては、対戦したカナダ、イギリス、スウェーデン組織力、個人のスキル、何よりひたむきさで日本より勝っていました。

 

一番悪いのは協会でしょう。

 

監督の人選だけでなく、10年前のなでしこブームでどれだけ女子サッカー人口が増えたのか。Jリーグが目標や夢になったように、女子のリーグは女子の目標や夢になったのか。

 

代表や選手にだけ女子サッカーの未来を託すのではなく、協会としてきちんと取り組まないとまったくお話になりません。女性理事を増やすとか、そんなことはどうでもいいんですよ。大事なのは結果。

 

とはいえ、今回の五輪で、観る側を感動させない退屈なサッカーで惨敗したのは、非常に痛いです。これでは誰もスタジアムに行かなければ、配信も観ません。スタジアムに行けば、選手やスタッフがどれだけ頑張ってるかはわかるんですが・・・

 

9月からは日本発の女子プロリーグが始まります。協会やメディアには頑張っていただくとして、サッカーファンとして何ができるのかを考えていきたいと思います。

 

浦和レッズサポなので、レディースを応援していきますよ。状況が許せば、スタジアムにも積極的に足を運びたいですね。

 

ほなほな。