Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

STEINBERGER SPIRIT XT-2の再リフィニッシュ

気がついたら前回の投稿から一ヶ月経とうとしていました。

 

転職の方は無事に決まり、10月から新天地で働きます。条件的にはほぼ希望通りで、残業=悪という価値観な会社らしいので、楽しみです。仕事がなくても会社にいることが美徳とされるのは苦痛でした。残業代が出るわけでもないですしね。

 

さて、余裕ができそうなので楽器いじりも本格的に再開しようかと思ってネタを考えました。

 

これのリフィニッシュをします。

f:id:smeagol19:20190822112523j:plain

 

Steinberger Spirit XT-2の旧モデルです。イケベ限定のフレットレスモデルで、この頃はボディ材はメイプルでした。現行品はポプラらしいです。

 

このベースは元々は真っ黒だったのを、知人が塗り直しました。

f:id:smeagol19:20190822112746j:plain

 

ラメ入りで綺麗です。だがしかしで・・・

  • 生地調整が甘い。
  • ところどころ塗装をミスっている。
  • ネックの手触りが好きじゃない。

という難点があり、あと見た目的に飽きたこともあってリフィニッシュしようかと考えています。

 

まず、ネックはステインで染めて(染まるのか?)Xotic Oil GelかTru Oilで仕上げます。塗装剥がしと生地調整が肝というか、想像するだけでめんどくさいです。(笑)

 

前にどこかのギターのネック塗装をやり直したら、ところどころステインで染められずにパンダみたいになったんですよね。いざとなればジェルカラーニスを使ってからXotic Oil Gelで上塗りすればいいかな。

 

ボディはたぶんウイング部分が茶色っぽかった記憶があるので塗りつぶします。ただ塗りつぶすのもあれなので、ガイアノーツのプリズムカラーでも使おうかと。角度によって色が変化するやつです。

 

工程としては

 

シーラー→黒→光沢クリアー→プリズムカラー→トップコート

 

ってな具合になるかと。ガイアノーツのピュアブラックを使えばプリズムカラーを吹く前にクリアーを吹く必要はないかも?

 

テーマとしては

  • 綺麗に塗装を剥がす。
  • 綺麗に生地調整をする。
  • 綺麗にボディを仕上げる。

が挙げられます。ネックとボディで塗膜の厚みの違いを上手く処理することも大事ですね。

 

何はともあれ、まずは塗装剥がしの重労働から始めてみます。

 

ほなほな。

月末模様

今回のタイトルは浅草のギター魔改造魔神のパクリです。Gretschに続いてRickenbackerまでステンレスフレットに交換するのは良いですね〜。

 

はてさて、前回の記事から一ヶ月も空いてしまいました。いろいろバタバタしていました。某所でライブをやったり、転職活動を始めたり、大炎上案件に巻き込まれたりしていました。

 

某所でのライブは・・・電車で2時間くらいかかるところまで行ったんですが、リハーサル=練習と捉えてしまったのかバンマスが断ってしまい、、、、自分の音がまったく聴こえない状態での演奏になりました。こういうのPAさんからも嫌われるんですよね。。。。。次は出ないと思います。はい。

 

転職の方は1社目が社長面接まで進みました。8月から本気を出すつもりです。

 

炎上案件については・・・何というか、広告代理店の存在意義って何なのかなと。とりあえず私にはまったく合わないし、居続けても時間を無駄にするだけだと気づいて転職活動を始めた次第。

 

そうそう、最近BAND-MAIDにハマりました。

 

Youtubeで見つけて、すぐにアルバムをすべて買いました。見た目と音楽のギャップが面白いのと、リズム隊が良いというか好きです。最近は自分たちで作詞作曲もしているようで、今後が非常に楽しみであります。ガールズバンドでハードロックというとSHOW-YAという偉大な先輩がいますが、他にもあったかな?

 

ギターボーカルの小鳩ミクさんが私と同じ誕生日で同じような機材を使っているので、勝手に親近感を感じています。私は最近まったくギターは弾いていませんが。

 

今週末は某社で最終面接、その翌日は千葉県某所でライブ(ぜんぜん練習してない)と慌ただしい日々を送っていますが、落ち着いたらまたブログを書きます。

 

ほなほな。

 

 

PINEIDER AVATAR FOUNTAIN PEN LIPSTICK RED

ストレス発散には買い物!・・・というわけで、久々に万年筆を買いに行きました。

 

去年からPineiderというイタリアのブランドが気になっていたんですよ。そして、万年筆のコミュニティに属していない私は「どこで売ってるんだろう?」という疑問にぶち当たりました。

 

どうせなら今まで行ったことがない店に行こう!と思って目星を付けたのは・・・

 

書斎館

 

「品揃えが凄い」「古いピアノが置いてある」「イタリアに行った気分になる」・・・私が行ったら場違いな感じになりそうな・・・まぁ、青山って時点で私は抵抗感を感じるわけですが。

 

お店の場所がちょっとわかりづらいという情報がありましたが、Google Mapのおかげですんなり到着。いやぁ、おしゃれなお店です。品揃えも素晴らしい。

 

ちょうど接客中だったのと、尿意に襲われていたので大人の尊厳を守るために外でスッキリしてから再訪したら、ちょうど接客が終わったらしく、女子店員さんが話しかけてきました。

 

ちなみに私は、女子店員に感じの良い接客をされるとほぼ100%の確率で買います。

 

Pineiderに興味があって来た旨を伝えると、AvatarとLa Grande Bellezzaを出してくれました。PineiderにはDeltaのスタッフが参加しているらしく、同じくDeltaのスタッフが参加しているLeonardoという新しいブランドのペンも出してくれました。

 

そして・・・いつもの法則が発動して買ってしまいました。La Grande Bellezzaはいつでも買えるとのことなので、今回はAvatarを選択しました。店員さん、今まで遭遇した中で一番詳しかったです。

 

外箱。

f:id:smeagol19:20190629095628j:plain

 

 裏側には公式サイトにアクセスするためのQRコードが。

f:id:smeagol19:20190629095645j:plain

 

ケースはViscontiみたいです。Viscontiの元社長がオーナーになっていることと関係があるのかも?

f:id:smeagol19:20190629095950j:plain


開いたところ。こういうケースは捨てられないんですよね。

f:id:smeagol19:20190629100010j:plain

 

本体。美しい・・・

f:id:smeagol19:20190629100027j:plain

 

これは書斎館の・・・なんていうんだろ。

f:id:smeagol19:20190629100044j:plain

 

 取説やら保証書やら会社紹介やらインストラクションやら。

f:id:smeagol19:20190629100101j:plain

 

 オリジナルのレターセット。手漉き紙で名を挙げたPineiderらしい付属品ですね。

f:id:smeagol19:20190629100115j:plain

 

またまた本体。ちなみにAvatarは税抜きで3万円です。

f:id:smeagol19:20190629100133j:plain

 

キャップ部分。

f:id:smeagol19:20190629100150j:plain

 

 キャップリングにはロゴとフィレンツェの町並みが。

f:id:smeagol19:20190629100208j:plain

 

f:id:smeagol19:20190629100227j:plain

 

f:id:smeagol19:20190629100251j:plain

 

クリップは面白い仕組みになってます。仮に壊れても交換は簡単にできそうです。

f:id:smeagol19:20190629100309j:plain

 

コンバーターもちゃんとついてます。

f:id:smeagol19:20190629100326j:plain

 

首軸が金属なペンは好みではなかったのですが、このルックスを見たらどうでもよくなりました。

f:id:smeagol19:20190629100343j:plain

 

キャップをはめたところ。

f:id:smeagol19:20190629100401j:plain

 

ペン先。Avatarはスチールで切れ込みなどはありません。装飾が美しい!

f:id:smeagol19:20190629100418j:plain

 

横からみたところ。

f:id:smeagol19:20190629100432j:plain

 

裏側。軸が少しずれていたので、撮影後に直しました。

f:id:smeagol19:20190629100450j:plain

 

実際に使ってみると、レジンに大理石を混ぜているからか、重量のバランスが絶妙です。デザイン以外を重視しないというイタリア万年筆のイメージはPineiderには当てはまりません。

また、キャップはViscontiと同様に磁石で固定するやり方で、Pineiderは精度が非常に高く、きっちりはまります。La Grande Bellezzaは2ヶ所に磁石が仕込んであり、キャップを胴軸の後ろにはめるときもカチッとはまります。

書き味に関しては、字幅はFでもパイロットもMよりやや太めではあるものの、インクのフローが素晴らしく、ヌラヌラ書けます。もう少し字幅が細い方が好みかな。

 

書斎館は試筆するときは紙を2種類出してくれて、お茶まで出ます。椅子に座ってゆっくり試筆できるのは非常に良いです。万年筆が気軽にぽんぽん買うものではありませんからね。すっかり気に入ってしまいました。都内で買うなら書斎館ですな。

 

あまりの居心地の良さにインクも買ってしまいました。

f:id:smeagol19:20190629100523j:plain

 

箱には窓があり、色がわかるようになっています。エコでお洒落です。

f:id:smeagol19:20190629100542j:plain

 

インクボトルはこんな感じ。インクボトルもブランドごとに個性が出ますね。

f:id:smeagol19:20190629100558j:plain

 

3万円以上の万年筆を買うとおまけがつくというので、革のペンケースを選びました。さっそくAvatarを入れてます。

f:id:smeagol19:20190629100617j:plain

 

書斎館のロゴ?が入ってます。

f:id:smeagol19:20190629100634j:plain

 

店頭で万年筆を買うのは1月に大阪に遠征したとき以来かな? 書斎館は雰囲気、居心地の良さ、店員さんの接客レベルの高さでベストですね。次回はLa Grande Bellezzaを買いに行くつもりです。

 

コレクション目的で買ったカラバリ物を処分しないとな~。

 

ほなほな。

Epiphone EB-0の改造(3)

もう6月ですよ。時間が過ぎるのは早いですね。。。

 

さてさて、Epiphone EB-0の改造がとりあえず一通り終わりました。

 

Before

f:id:smeagol19:20180825171451j:plain

 

After

f:id:smeagol19:20190602132726j:plain

 

ペグは前回の記事の通り、Hip Shot製に交換しました。正直、ペグとしての出来はゴトーの方が良いです。

f:id:smeagol19:20190602132750j:plain

 

裏側。このペグの良いところは、とにかく軽いこと。大丈夫か?と不安になるくらい軽いです。

f:id:smeagol19:20190602132759j:plain

 

個人的には、ペグボタンが小さくなったことで見た目的にも良くなったと感じています。ヘッド落ち対策としてももちろんこちらの方が良いです。

 

続いて指板。白髪染めで黒くしてもらいました。

f:id:smeagol19:20190602132810j:plain

 

こちらが染める前。

f:id:smeagol19:20180727195211j:plain

良い感じで黒くなりました。手順としては

  1. スチールウールで磨く
  2. オイル抜きをする
  3. 白髪染めで染める

となるようです。フィンガーイーズとか使っちゃってる人はやらない方がいいかも。あと、指板のサイドは染まらないので、未塗装のネックに対してやったほうがいいでしょう。

 

続いてブリッジ。Hip Shot製のブリッジが納期未定なのでBabicz製を付けました。

f:id:smeagol19:20190602132845j:plain

 

Gibsonと違い、Epiphoneはアンカーが出っ張っているので、Babiczのブリッジをつけるには一度アンカーを抜いてボディ側を削り、アンカーが完全に埋まるようにしてからブリッジを取り付ける必要があります。

f:id:smeagol19:20190602132853j:plain

 

アンカーを再度入れるときは金属用の瞬間接着剤を穴の中に塗った方が良いです。ピックガードなどを取り付けるネジ穴とかも私は補強します。

 

今回の改造をした結果、音は激変しました。ぼやけていた音の輪郭がはっきりしたのが最大の成果ですかね。テンション感もちょうどよくなりました。弦高を下げても音はビビりません。基本的な音質はそのままなのでEBらしさは失われていないのも良いです。

 

EpiphoneのEB-0はいわゆる安物ではありますが、ネックがボルトオンであることでネック角を変えられるのは非常に良いです。

 

今月末は某所でCreamのカバーをやります。ベースはEB-0を使うとして、足元はこれを使うことにしました。ZOOMのB1 Fourがほしかったんですが、なかなか入荷しないようで、、、

f:id:smeagol19:20190602132905j:plain

 

次回はGT-1Bのレビューをする予定・・・は未定。

 

ほなほな。

 

Epiphone EB-0の改造(2)

smeagol19.hateblo.jp

 

の続きになります。とっくにパーツは頼んでいたのですが、HIP SHOTの3 Point Super Tone Bass Bridgeがなかなか入荷せず、仕方なく他のを買いました。

 

BABICZのFCH 3PTです。ベース本体より高かったです。(笑)

f:id:smeagol19:20190512225822j:plain

 

中身。取説、本体、スタッド(インチ)、プレートが入ってます。

f:id:smeagol19:20190512225838j:plain

 

元々ついていたブリッジとの比較。

f:id:smeagol19:20190512225900j:plain

 

 とりあえず、そのまま付けられます・・・

f:id:smeagol19:20190512225915j:plain

 

 だがしかしで、アンカーのツバの部分のせいでボディに密着しません。HIP SHOTのブリッジなら大丈夫です。

f:id:smeagol19:20190512225924j:plain

 

これを解消する方法としては

  1. アンカーのツバの部分をぶった切る。
  2. ボディを削ってアンカーを完全に埋め込む。
  3. アクリルなどでシムを作る。

が考えられます。今回はアンカーを完全に埋め込むことにして、Naked Guitar Worksにお任せしました。 

 

続いてペグ。元々ついているペグは精度的にちょっと物足りないです。

f:id:smeagol19:20190512225936j:plain

 

 ペグはHIP SHOTのHB6Y-3/8 Y Key Ultraliteにしました。付属のワッシャというかリングを使わず、ブッシュをリング代わりにすることにしました。ポストの位置が高くなるので、テンション感がゆるくなるのが欠点ですかね。

f:id:smeagol19:20190512225946j:plain

 

今回はボルトオンネックであることを利用してシムを挟むことにしました。ブリッジのアンカーを完全に埋め込むのもテンション感がゆるくなることへの対処です。

 

 元のペグの取り付けネジを楊枝とタイトボンドを薄めたもので埋めます。楊枝は刺さっていたネジを参考にして先端を丸めます。

f:id:smeagol19:20190512230003j:plain

 

 硬化後、楊枝の余った部分をぶった切って、ナイフやカッターでカンナがけをするようにして表面を平坦にします。

f:id:smeagol19:20190512230013j:plain

 

 そのままでは目立つのでまず水性ポアーステインのワインレッドを塗ります。

f:id:smeagol19:20190512230024j:plain

 

 完全に乾いた後、ジェルカラーステインのウォルナットを塗ります。さらにパインを塗るとそれっぽくなります。

f:id:smeagol19:20190512230033j:plain

 

今回はここまでで終了。月末くらいには今回の改造は終わるはずです。なんだかんだでこのベースは気に入ってます。

 

そろそろギターかベースを組みたいな~

 

ほなほな。

いろんなとこでステーキを食べてみた(1)

家が寿司屋なくせに、魚より肉が好きです。

 

昔から疲れたり、ストレスが溜まったら肉を食べてきました。転職してから行く頻度が高くなったのは、そういうことなのでしょう。

 

というわけで、最近行ったお店のレビューらしきことを書いていきます。 あくまでも私の個人意見なのであしからず。

 

ミートラッシュ 秋葉原店
〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba8F
1,700円(平均)1,200円(ランチ平均)

  • 肉の種類によっては柔らかくて美味い。
  • 付け合せは不味い。
  • ソースがいろいろ選べるのは良い。
  • 和風ソースが美味い。
  • 焼き加減は選べない。

 

目黒deステーキ
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-26-5
3,500円(平均)1,000円(ランチ平均)

  • ほぼ生の状態で出てくることが多い。
  • 肉自体は美味い。
  • 塩の種類が多い。
  • ご飯が不味い。
  • 富士溶岩石プレートは素晴らしい。

 

  • 馬肉が選べる。
  • ソースの種類が多い。
  • 塩コショウは多め。
  • 鉄板が熱すぎてレアがミディアムになる。
  • 肉は柔らかい。

 

ヒーローズ ステーキハウス 秋葉原店
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-6-7 秋葉原センタービル1F
1,900円(平均)900円(ランチ平均)

  • サイコロステーキはここが最強かも。
  • ソースがどれも美味い。
  • サイドディッシュは中が冷えててかなり残念。
  • 焼き加減は選べる。
  • 今回挙げた中では一番肉の味が良い。

 

都内には他にもいろいろステーキハウスがあるので、暇を見つけて行ってみようと思います。個人的にはサシが入った肉は苦手で、マグロと同様赤身が至高だと考えてます。

 

叙々苑かもたまに行きますけど、脂がきつすぎるんですよね。あと、一人だと焼肉屋は行きづらい。(笑)

 

ほなほな。

 

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN その後

ゴールデンウィークが終わってしまいました。私はバンドの練習に行ったり、料理を作ったり、基本的にはぐうたらしていたような。映画館は空いてませんし、旅行に行くのもねぇ〜。

 

EDF IRの方は、他のPS4でセーブしたデータが自分のPS4でロードできなくなる不具合のため、最初からやり直しにな・・・るかと思ったら、バックアップを取ってました。といっても、AA武器はおろかB武器すら持っていない状態のバックアップではありますが。

 

前のデータで一通りミッションをこなしてどう攻略すればいいかわかっているので、ハーデストまでのクリアは楽勝でした。ドローンも動画を観ながら集めて、最高難易度のDisasterもクリアしてAA武器以外はすべて揃いました。AA武器もDD-エーテライトIIIとEC-レコンキスタが手に入ればコンプリートです。

 

そうなると困るのが・・・。やることがないということ。

 

稼ぎもAA武器集めもドローン集めもオフラインの方が良いんですよ。ミッションによっては6人でやったほうが効率が良いこともあるものの、手練が常に揃うわけでもなく、Disasterの52もソロで数分で終わりますから。また、Disasterは一部のミッション以外、武器やアイテムは取得できません。おまけに不具合の頻発。良いところもあるのに、このままでは失敗作の烙印が押されそうです。

 

とりあえず、DLCが2つほど予定されているらしいので、改善して欲しい部分をあげてみようと思います。

・ダミーバルーンの使用時間の撤廃

時間が経つと勝手に破裂する仕様はどうかと思います。HPがゼロになるまで使えるようにしてほしいです。

NPCのAI強化

敵のタゲを取らなかったり、射線上に立ったりするのは直してほしいです。もしくは峰打ちできるようにするとか。

空爆系の見直し

呼んでから来るまで時間がかかりすぎます。4.1や5と比べると空爆系はまったく使えません。1回のミッションで1度しか使えませんし。

・ロケランの弾速の見直し

弾速が遅すぎて使い物になりません。グレランの方がよっぽど使えます。また、威力も弱すぎます。

・射程距離の見直し

敵の動きが早すぎるので狙撃ができません。スナイパーライフルでも最大800mというのは短すぎ。

・オンライン専用ミッションの追加

オンラインをやる意味が現状ではほぼないのでソロでは攻略不可なミッションが欲しいです。

・武器やアイテムのソート順の見直し

ランク順を初期値にしてほしいです。

エナジー消費の見直し

ウィングダイバーと比べると、ジェットリフターはぜんぜん飛べません。降下するときは速いんですけどね。(意味なし) 兵科ごとの個性が弱い印象。

・不具合の解消

アプリケーションエラーと無限ローディングくらいは直してほしいです。頻度が多すぎます。アポカリプスなどで照準を合わせるときに視点がころころ変わるのもかなり萎えます。

 

今月か来月出るDLCの情報をちらっと見ました。見えないPAギアが出ると聞いて・・・

 

アホか

 

と思いました。ユークスの株は下がりっぱなしです。

 

ほなほな。