Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

Raspberry Pi 4に手を出してみた。Vol.3

今回はセットアップ編になります。まぁ、YouTubeには有益な動画が山ほどあるので参考になるとは思いませんが。

 

組み立てが終わり、モニターその他を切替器経由でつなげた図。

f:id:smeagol19:20210217212153j:plain

 

コンパクトなX300よりさらにコンパクトです。

 

上部の蓋を開けるとGPIOピンが見えます。ここに機器をつなぐことでLEDを光らせたり、センサーから値を受け取ったりできるようです。基盤を保護するためのバッファーボードなんてのも売られてます。

f:id:smeagol19:20210217212149j:plain

 

OSは、SSD起動にする場合は64bit版のOSをPCかMacでMicro SDカードに書き込む必要があります。ここからZIPファイルを落として、Raspberry Pi Imagerというソフトで書き込みめばOK。標準のRaspberry Pi OS以外のOSも書き込めます。場合によってはファームウェアのアップデートが必要らしいですが、今回は不要でした。

 

今回、私が選んだArgon One M.2の場合、組み立て後にSDカードの抜き差しはできません。組み立てるときにSDカードは用意しましょう。

 

あとは電源を入れてOSをセットアップして、SSDにコピーすれば終わり・・・のはずが、

 

電源が入らない

 

こういうときは最小限の構成にして確かめる・・・ということで、振り出しに戻りました。基盤むき出しの状態だと電源は入り、慎重に組み立ててまた電源ボタンを押すと・・・

 

f:id:smeagol19:20210217212156j:plain

 

無事に電源が入りました。

 

が、

 

虹色の画面から先に進まないw

 

またまた分解して最小限の構成で起動を試みるも、虹色の画面から先に進みません。どのHDMIポートに挿しても駄目。orz

 

原因は、OS入りのSDカードにありました。虹色の画面と格闘しているときに64bit版のOSが必要なことに気づいて入れ直したら、普通に起動しました。上に書いた通り、OSの書き込みは楽勝なので、OS入りのSDカードを買う必要はありません。

 

思わぬところで苦闘した後は楽勝でした。Linuxをセットアップするときのようにキーボードやエリア、ネットワークの設定をすれば使えるようになります。

 

SSD化もメニューからSD Card Copierを起動すれば楽にできました。そのあたりは↓のブログの記事がとても役に立ちました。

 

kowaza.blue

 

SSDにコピーしたらSDカードは抜くのかな?と思っていたら、上のブログ記事の通りにやったら挿したままでもSSDから起動しました。

 

OSの使い心地はというと、SDカードでも遅さは感じませんでした。思った以上に快適に使えます。SSD化したらX300ほどとはいかないまでも、なかなかの爆速になりました。ただ、温度は気になりますね。しばらく使っていると、たいして負荷をかけたわけでもないのにポカポカしてました。冷却には気を使った方が良いと思います。

 

今回、組んだマシンはVisual Studio CodeとDockerを入れて開発の勉強用にでも使う予定です。最近、仕事でLaravelを採用することが増えてきたので勉強したいなと。仕事でちらっと使ったPythonの勉強用にも使えますね。 

 

Linuxを使う場合、ディストリビューションはそれなりに限定はされるものの、2~3万でこれだけ快適な環境が手に入れられるなら、Linuxに興味がある人(どれだけいるのやら)にはRaspberry Piはおすすめできます。組み立ても楽ですし。

 

次回は・・・もう一式買ってしまったRaspberry Piの話か、NUXのMighty Airでも取り上げますかね。Sennheiserのワイヤレスイヤホンとヘッドホンのこともまだ書いてなかったような・・・

 

ほなほな。

 

Raspberry Pi 4に手を出してみた。Vol.2

今回は買ったものの紹介と組み立て編になります。

 

まずは本体。8GBのものを買いました。

f:id:smeagol19:20210211163039j:plain

 

iPhone Xと並べると小ささがわかります。

f:id:smeagol19:20210211163027j:plain

 

箱を開けると・・・基盤がむき出しでした。(笑)

f:id:smeagol19:20210211163019j:plain

 

OS入りのMicro SDとmicroSDカード専用USBカードリーダー。

f:id:smeagol19:20210211163054j:plain

OS入りのMicro SDは買う必要はありません。SSDから起動するようにするには64bit版のOSが必要らしいので、自分で入れ直すことになります。なので普通のMicro SDを買いましょう。SSDやHDD、USBメモリから起動しない場合はなるべく速いやつを選んだほうが幸せになれるはず。

 

CrucialのSSD。NVMEには対応していないのでSATAのを買いました。NVMEをArgon ONEにつけても認識しないようです。

f:id:smeagol19:20210211163045j:plain

 

 HDMIケーブル。・・・PC切替器を買ったのになぜこれを買ったのやら。不要です。

f:id:smeagol19:20210211163050j:plain

 

電源アダプタ。物によって対応したりしなかったりで、対応しない場合、起動しないそうです。これは問題なしでした。

f:id:smeagol19:20210211163031j:plain

 

そしてケース。これがなければラズパイには手を出していなかったはず。

f:id:smeagol19:20210211163035j:plain

 

では、組み立ていってみましょー。まずは箱からケースを出してバラします。こちらはむき出しではなくちゃんと?梱包されてました。

f:id:smeagol19:20210211163010j:plain

 

まずSSDを取り付けます。

f:id:smeagol19:20210211163002j:plain

 

固定するネジを外したら下の土台の部分まで外れてしまい、ちょっとてこずりました。黒いネジを外すときに下のネジを固定すれば問題なしです。

f:id:smeagol19:20210211163006j:plain

 

続いて、本体に拡張ボード?をつけます。これを付けることで普通のHDMIケーブルが使えるようになります。この状態でケースに固定するので、仮組みしてポートの位置を確認しながら適切な位置を探りましょう。

f:id:smeagol19:20210211162958j:plain

 

上にかぶせる部分の、CPUとメモリ?が当たる部分に放熱パッドを貼ります。両面に透明なシートがついているので、必ず剥がしましょう。でないと効果なしです。右側のはSSDと本体をつなぐためのパーツです。ケースの中にさりげなく入っているのを取り出します。

f:id:smeagol19:20210211162952j:plain

 

ケースの上側の部分に基盤をはめて4本のネジで固定。基盤が黒いとどこにネジがあるかわかりませんね。(^^;

f:id:smeagol19:20210211163121j:plain

 

イーサネットポートの裏にある、40pinのGPIOコネクターがちゃんと刺さるようにするのがポイントです。

 

裏蓋をはめる前に、OS入りのMicro SDを入れるのを忘れずに。私は忘れました。

f:id:smeagol19:20210211163116j:plain

 

裏蓋をはめたらコの字型のパーツをUSBポートにはめて・・・

f:id:smeagol19:20210211163113j:plain

 

完成。

f:id:smeagol19:20210211163103j:plain

 

裏側。イーサネットポートの上には電源ボタンがあります。オーディオジャックの上にあるUSB Type-Cポートに電源を挿します。

f:id:smeagol19:20210211163108j:plain

 

所要時間は20分もかからなかったくらいでした。自作に慣れていない人でも組めると思います。他のケースならもっと簡単に組めるのではないでしょうか。

 

次回は悪夢のセットアップ編になります。

 

ほなほな。

Raspberry Pi 4に手を出してみた。Vol.1

こないだASRockのX300を組み立てて以来、「何かやりてーなー」と漠然とした欲が湧いてきて、ASRockのA300を買おうかとか、310を買おうかとか、H470を買おうかとか、自作しようかとかAmazonやTsukumoのサイトを見ながら悶々としていました。

 

とりあえず、Linuxを入れた常時稼働するマシンが欲しいんです。

 

いくらテレワーク続きで金銭的に余裕が生まれているとはいえ、さらに増やしてどうする?とほぼ出番がないLG GramにLinuxを入れたりしたんですが、何かやりたいな~という思いは消えず、Youtubeの動画をいろいろ見ていたら・・・

 

Raspberry Pi 4に興味がわきました。

 

Raspberry Piは、イギリスのラズベリーパイ財団が教育向けに開発した「超小型のシングルボードコンピューター」らしいです。

 

音楽プレイヤーやゲーム機、センサー、ルーターなどにもなると知って、さらに一通り揃えてもさほど金がかからない(これ大事)と知って、物欲がマキシマムに高まった私は千石電商に向かいました。

 

そして一式を購入。

f:id:smeagol19:20210211163058j:plain

 

  • Raspberry Pi 4
  • 電源アダプター
  • GeeekPi Raspberry Pi4ケースArgon ONE M.2
  • OS入りMicro SD

ここまでは千石電商で買い、他の店で

  • Crucial CT250MX500SSD4/JP
  • HDMIケーブル
  • microSDカード専用USBカードリーダー
  • PC切替器(写真なし)

を買いました。ちなみにHDMIケーブルは余りました。全部で3万5千円くらいでした。

 

ケースはM.2のSSDを内蔵できるのが売りで、Amazonでは発送に5日くらいかかると書かれていました。一度、それであきらめたんですけどね。。。 千石電商には普通に在庫がありました。素晴らしい。

 

次回は組み立て編になります。あまり長々と書くと読みづらいですしね。(言い訳)

 

ほなほな。

PC遍歴を振り返る。Vol.1

今回はおっさんの思い出話になります。

 

パソコンを初めて見たのは、確か高校一年生のときでした。ちょうど銀河英雄伝説にハマっていて、パソコン版のゲームを当時の友人の家で見せてもらったんだったかな。

 

当然、物欲は盛大に燃え上がりました。だがしかしでファミコンすら買ってもらえなかった状況だったので、パソコンは夢のまた夢でした。

 

初めて自腹でパソコンを買ったのは1996年でした。とある大学に編入して2回目の大学生活を送っていた頃、それまで金は楽器に全振りしていたのが、ELFのドラゴンナイト4と同級生2がやりたくなって買いました。

 

財政的には最初の大学生活ではYAMAHAのAPX-50を一括で買ったり、ラックマウントのエフェクターを買いまくって冷蔵庫みたいなシステムを組んだりとまったく問題なかったんですよね。単純に最初の大学に入ってからはパソコンへの興味は失せていたんでしょう。

 

パソコンに再び興味が湧いたのはエロゲー以外にも、それまで五線紙とペンでやっていた編曲がパソコンでできると知ったことも大きかったです。

 

結局、買ったのはエロゲーができるこれでしたが。(笑)

f:id:smeagol19:20210209102009j:plain

スペックはこんな感じ。

  • CPU:Intel Pentium 120MHz
  • メモリ:16MB
  • HDD:850MB
  • 内蔵ドライブ:CD-ROM(4倍速)
  • モニター:17インチCRT(1024x768ドット)

ギガバイトじゃないです。メガバイトです。ちなみに私は迷わず一太郎モデルを買いました。あの頃は一太郎かWordのどちらかを選んでました。

 

使っているうちにスペックに不満を感じたり、やりたいことも増えていろいろ手を加えました。

外付けモデムを付けた

当時、インターネットは電話回線でやってました。私のV12はモデムを内蔵していなかったため、外付けモデムを買い、電話回線を分岐させて電話機とモデムにつなぎました。ネットに繋ぐと電話は通話中になり、何度も家族に怒られたものでした。

アスキーインターネットフリーウェイという無料プロバイダのお世話になったのもこの頃でした。

インターネットに興味を持ったのは、当時のバンドメンバーが「無修正のエロ画像が見放題!」とわざわざ印刷して見せびらかしたことだった・・・はず。彼はエロ動画収集にハマりすぎて通信料が10万近くまでいってました。(笑)

セカンドキャッシュの増設とメモリの増設

セカンドキャッシュはいわゆるL2キャッシュのことで、V12ではオプションでした。容量は256KBでした。メガではないです。増設してもあまり効果が感じられなかったのは内緒。

メモリは32MBを4枚刺しにして128MBまで増設しました。これは割と効果があったような。

CPUの換装

AMDK6-2というCPUを下駄経由で9821に付けられるパーツが発売され、少しでも性能が上がるなら・・・と思って買いました。ベースクロックが60MHzのV12でも下駄部分で内部クロックの倍率を変えて動作させる仕組みです。

これは割と有効でした。

グラボの増設

V12にはPCIスロットがあり、そこにグラボなどを増設することができました。今はGeForceRadeonの二択ですけど、昔は選択肢がいろいろあったんですよ。確か私はMatrox製品とか3DLabsのPermedia2とかを載せてたはず。

HDDの増設

Visual Studioを買ったりした後に悩まされたのはストレージ容量が足りないことでした。そこでフロッピーを増設するスペースにHDDを付けました。確か2GBくらいだったような。

結局、当時のNEC製品はハードディスクがAドライブとして認識されることが原因でいろいろ支障が出たことでDOS/V機に移行して、V12はエロゲー専用機になったのでした。

モニターの交換

「モニターはナナオ」という信仰?があって、ナナオのCRTモニターを買いました。これはV12が引退した後もしばらく使いました。評判が良いだけあって性能その他は文句無しで10年以上使ったような気がします。

 

 

デスクトップはIntelCeleron 300Aが発売されてから自作にどっぷりハマり、市販のパソコンを買ったのはMacを除けばなんとV12が最初で最後でした。その代わり、ラップトップは50台以上買ったと思います。

 

次回は思い出のラップトップについて書いてみようと思います。

 

ほなほな。

 

テレワーク用という名目でPCを組む。その3

今回は組み立て編です。

 

パソコンの自作はPentium II(古)の頃からやってますが、ベアボーンを買ったのは2回目です。1回目はMSIベアボーンノートでした。ノートのベアボーンって見かけなくなりましたね。

 

本体はATX電源と同じくらいのサイズです。アダプターは大きめでケーブルも長めでした。

f:id:smeagol19:20210204155544j:plain

 

裏側の黒い4本のネジを外すとマザーボードが取り出せます。レール式になっていてスムーズに取り出せます。

f:id:smeagol19:20210204155539j:plain

 

電源その他のケーブルを付ける部分は1本出っ張っているので向きを覚える必要はありません。

f:id:smeagol19:20210204155535j:plain

 

今回はCPU FANを交換するため、マザーボードを外してCPUソケットの両脇にある黒いパーツも外します。そしてAPUをセット。

f:id:smeagol19:20210204155530j:plain

 

APUの上にグリスを載せて、FANを逆さまに置いたら、逆さまにしたマザーを載せてプレートとネジでFANを固定します。このとき、FANのケーブルの取り回しを考えておきましょう。

f:id:smeagol19:20210204155526j:plain

 

今回買ったNoctuaのFANは真っ黒なのもあります。私は値段が安いのとワンポイントになるかな?と思ってベージュのやつを買いました。

f:id:smeagol19:20210204155627j:plain

 

このFANの唯一の難点はSSDを選ぶことです。ヒートシンクで本体を包む感じのSSDだとヒートシンクに密着します。FANの取り付け位置をできる限りSSDから離してやっとSSDが取り付けられました。

f:id:smeagol19:20210204155623j:plain

 

SSDの下にはWiFiモジュールをつけます。X300に付属している黒い小さいネジで取り付けます。ちゃちいドライバーだと途中からネジが入らなくなるのでそれなりにちゃんとしたドライバーを使うのがコツです。

 

今回、一番苦労したのは基盤にアンテナ線をつける部分でした。おっさんには辛い。

f:id:smeagol19:20210204155618j:plain

 

アンテナはケースの裏側から外に出します。穴の縁に金属のバリが残って通らなかったのでリーマーでそっと拡げました。リーマーは慎重に使いましょう。力を入れてグリグリやるとすぐにガバガバになります。

f:id:smeagol19:20210204155615j:plain

 

あとはメモリをつければ終了。楽勝か・・・と思いきや、電源が入らないという。

 

いろいろ試行錯誤した結果、CPU FANを固定するネジを緩めたら起動しました。前にもケースにマザーを固定するネジを締めすぎたら起動しないなんてこともありました。締めすぎ注意です。

 

トラブル解決込みでかかった時間は1時間半くらいでした。Windows 10のインストールは30分もかからなかったような気がします。速い。

f:id:smeagol19:20210204155610j:plain

 

Windows 10を入れると、WiFiのドライバーも入って最初からインターネットにつながりました。後から入れたのは

くらいだったかな。これで音も鳴るようになりました。YouTubeで観た動画ではASRockのユーティリティでドライバーはインストールできるようでしたが、できませんでした。仕方なく他のユーティリティで古いドライバーをアップデートしました。

 

巷で話題の異音は本体からもアダプターからも聞こえず、ほぼ無音です。

 

ドラクエベンチマークの結果はこんな感じ。

f:id:smeagol19:20210204205635p:plain

 

メインのデスクトップが13000くらいなのでちょっと落ちますね。まぁ、ゲーム用途で組んだわけではないのでOKです。

 

SSDの性能は・・・

f:id:smeagol19:20210204210456p:plain

これはなかなか良いのではないでしょうか。

 

Cinebenchは怠いので省略。体感で満足できればOKですよ。

 

WiFi周りでちょっとてこずったりしたものの、ASRcokのX300、かなり良いです。色んな人が取り上げるだけのことはあると感じました。拡張性に難はあれど、省スペースと性能を両立できているのは凄いです。

 

今の構成にさらにSSDを1枚、2.5インチのHDDかSSDを2台増設できるので、そのうち手を入れるかもしれません。

 

いろいろネットで調べていたら、NZXTの製品に物欲をそそられてます。YouTubeにもここのマザーやケース、水冷キットを作った動画がアップされてます。だがしかしで、今回のX300とこないだ買ったMac miniを含めてデスクトップは4台とも問題なく稼働しているので躊躇します。あと、AMD製品に対応しているマザーがないのも難点ですね。

 

ほなほな。

 

 

 

 

テレワーク用という名目でPCを組む。その2

善は急げというわけ?で、秋葉原に行って買ってきました。若い頃は値段を調べていろんなお店でパーツを買ったものですが、めんどくさいのでTsukumoで一式揃えました。

 

まずはASRockのX300。店員さんからはA300でもいいのでは?と言われて、ちょっと悩んだ結果、筐体のデザインでこちらを選びました。

f:id:smeagol19:20210204155607j:plain

 

そしてオプションのWiFiキット。X300はUSBポートが少ないので買いました。

f:id:smeagol19:20210204155559j:plain

 

CPU・・・ではなくAPUはRyzen 3 PRO 4350Gにしました。一番高いやつを勧められたんですけどね。ケースの大きさが大きさなんで、冷却するにも限界があると考えてこれにしました。バルク品でFANがついてないのは良いです。

f:id:smeagol19:20210204155548j:plain

 

CPU FANはX300関連の動画によく出てくるnoctuaのNH-L9a-AM4にしました。ぜんぜん知らないメーカーです。

f:id:smeagol19:20210204155603j:plain

 

メモリはCFDのW4N2666CM-16GR。16GBが2枚で合計32GBになります。ヒートシンク付きの製品にかなり心を動かされつつ、組んだらどうせ見えなくなるのと、こっちの方が安かったので。

f:id:smeagol19:20210204155555j:plain

 

SSDWestern DigitalのWD Black SN750シリーズの500GBにしました。見た目で選んでます。

f:id:smeagol19:20210204155552j:plain

 

これにOSを付けて、合計で92000円くらいでした。

 

この程度なら組むのは楽勝でしょ!・・・と、この時は思ってました。

 

続く・・・

テレワーク用という名目でPCを組む。その1

昨年末に買ったアンプのレビューをしようと思ったら、四十肩がまた酷くなり、さらにギックリ腰になり、さらに同僚がバックレて仕事が激務になったりでブログのことを忘れてました。

 

コロナがきっかけになり家族が経営してきた店舗を閉店することになりました。まぁ、年齢も年齢ですし、自分の稼ぎで十分養えるので無理して営業しなくてもいいでしょ!という判断です。休業したり時短営業すると補助金がもらえるそうですが、もらうのはやめました。ああいうのは本当に困っている人に、適切な金額が渡るようにしてほしいものです。

 

さてさて。

 

デスクトップPCやらMac miniやらPS4を設置した自室があるんですけど、隣の部屋が家族の寝室でやけに早い時間に寝てしまう・・・というのを大義名分にして、店舗の座敷席を第二の作業部屋として使うことにしました。

 

仕事は会社から支給されたThinkpadとかMacbookをゲーム用に買ったモニターにつないで、それ以外はMacbook ProなりAirなりTsukumoで買ったラップトップなり、開発用のサブのデスクトップ(ほとんど使ってない)を使えばいいのに・・・久々に自作したくなりました。(笑)

 

作るなら、家族に誤魔化しが効くという意味でも小型だよね!・・・ということで調べたところ、個人的に大好きなASUSからPN50とPN62というベアボーンが発売されていることがわかりました。

 

www.asus.com

 

www.asus.com

 

PN50はAMDのCPUが、PN62はIntelのCPUが最初から載ってます。ストレージとメモリをつければ終わりというお手軽さ。

 

ネット上を徘徊していると、ASRockのA300と後継のX300という製品も人気があるっぽいです。

 

www.asrock.com

 

見た目的にはX300の方が好みですね。と、CPUを交換できるのもメリットです。参考になるレビューや動画が大量にあるのも良いです。ASRock製品は一度も買ったことがないので興味もあります。

 

というわけで、予算10万で

を買ってみようと思います。

 

10万かけるならMac miniをおかわりするのも手ではあります。だがしかしで、App Store周りで不具合らしきものがあるのと、まだまだ開発用途で使うには厳しいので多分おかわりはしません。

 

ほなほな。