Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

パイロット カクノ 透明ボディ

最近、すっかり万年筆を買わなくなりました。まぁ、去年だけで100本以上買いましたからね。

 

特に欲しいものがなくなったこともありますけど、一番の理由は・・・

 

洗うのが面倒。

 

筆記用具としては国産のボールペンが最強だと思います。

 

すっかり万年筆に対する物欲が失せて、もう買わないだろうと思っていたら・・・買いました。パイロットのカクノの透明ボディです。

f:id:smeagol19:20170809075557j:plain

 

全景。除光液とかヤスリで装飾を落とす必要はありません。

f:id:smeagol19:20170809075559j:plain

 

違う角度から。

f:id:smeagol19:20170809075558j:plain

 

同軸の後端には空気穴とJAPANの文字が。透明感が素晴らしい。

f:id:smeagol19:20170809075600j:plain

 

キャップ側にも空気穴があります。

f:id:smeagol19:20170809075601j:plain

 

カクノはペン先が乾きやすいと言われますが、私はそうは思いません。いたって普通です。キャップ側の空気穴をふさぐ改造をたまに見ますけど、インナーキャップがあるので意味は無いような・・・

 

透明感がわかるかもしれない写真。いっさい手を加えてはいません。

f:id:smeagol19:20170809075605j:plain

 

キャップには転倒防止の突起がついてます。

f:id:smeagol19:20170809075612j:plain

 

今回、字幅はEFを選びました。よーく見てみると、ペン先のデザインが今までと違います。透明ボディのペン先は舌を出してます。

f:id:smeagol19:20170809075603j:plain

 

ペン先の裏。EFだけにペンポイントが小さいです。

f:id:smeagol19:20170809075604j:plain

 

書き味はちょっとカリカリするものの、細字が書けて細字派な私は大満足です。

 

LAMYのVistaパイロットの92など透明ボディの万年筆はいくつも買ってきました。カクノはその中でもベストな出来です。値段は安く、品質は安定していて、おまけにパイロットはサポートも充実しています。ペンドクターやスタッフの皆さんも素晴らしい方ばかりで、万年筆メーカーの中で私はパイロットが一番好きです。

 

腕に自信がある方は染色してもいいでしょうし、クリアーカラーで塗装してもいいでしょう。一番のおすすめはSDNを使った染色です。

 

ほなほな。