Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

DELTA Vintage Collection Insieme & Illusione

helicoの件、海外からも反応がありました。というか、工房?を紹介されました。

 

newtonpens.com

 

やりとりの内容は

  • 客をブロックするなんてありえない。
  • ペン芯の折れとかは同等品と即交換か返金するのが普通。
  • 買って間もなく不具合が出るのは売ってはいけないレベルだから。
  • 工房の対応が不誠実なら仲間と行動を起こすべき。

てな感じ。なお、工房を紹介してくれた方は関係者ではなく万年筆ファンであるとのこと。

 

さてさて・・・

 

デルタが経営難のため長期休業になりました。

 

ここの万年筆は前にVirtuosaを買い、ステンレスニブで28,000円という強気な価格設定、Fの刻印の意味がわからなくなる字幅の極太さにビビった記憶があります。その後、難波のペレペンナさんから悪い仲間(冗談です)経由で2本お迎えしていたので、今回はそれの紹介をば。

 

日本限定モデル第6弾のインシエーメと第8弾のイルジオーネです。

f:id:smeagol19:20170910154130j:plain

 

見た目は普通のヴィンテージコレクションと一緒です。

f:id:smeagol19:20170910154131j:plain

 

キャップリングにはDELTAのロゴが入ってます。

f:id:smeagol19:20170910154132j:plain

 

インシエーメの胴軸部分は綺麗です。

f:id:smeagol19:20170910154133j:plain

 

美しい。

f:id:smeagol19:20170910154134j:plain

 

キャップはどちらも単色で柄はなし。値段の割には安っぽ(ry

f:id:smeagol19:20170910154138j:plain

 

イルジオーネの胴軸部分。複数のレジンを混ぜ合わせています。

f:id:smeagol19:20170910154141j:plain

 

この部分はなかなか綺麗です。

f:id:smeagol19:20170910154139j:plain

 

加減の難しさがあるにせよ、もう少し真面目に混ぜてほしかったような。(汗)

f:id:smeagol19:20170910154140j:plain

 

ペン先。

f:id:smeagol19:20170910154135j:plain

 

ペン先の裏。左は調整なし、右は仲谷ペンドクターの調整が入ってます。

f:id:smeagol19:20170910154136j:plain

 

カートリッジ専用とされていますが、カヴェコのコンバーターやミニサイズの欧州規格のコンバーターが合う場合があります。精度に問題があるのか、カヴェコでも合ったり合わなかったり。

f:id:smeagol19:20170910154142j:plain

 

書き味の方は、仲谷ペンドクターが調整したインシエーメは素晴らしいです。イルジオーネは前に購入したヴィルトゥオーサと同様、国産のBの万年筆と同じようなもんです。細字派な私の好みではありません。

 

3本ほど買って使った感想としては・・・「長期休業になるのは仕方がない」かな~。

 

飾りにするにはいまいち豪華さに欠けますし、筆記用具としても質が中途半端な印象を受けます。要するに、コスパが悪い。

 

イタリアの万年筆なら、私はアウロラとモンテグラッパをお勧めするかな。飾りとしてのレベル、筆記用具としてのレベル、どちらも高いのはアウロラ、次点でモンテグラッパという印象があります。いずれ、このブログでもネタにしましょう。

 

次はペリカンのM200スモーキークォーツとコニャックの比較をネタにする予定です。

 

ほなほな。