Something So Right

都内在住のSEなおっさんが趣味の楽器いじりや模型製作、万年筆いじりその他について書いています。

Lenovo ideapad Duet Chromebook

8月末で某社を抜けて新しいところに移りました。新しいところは在宅ではなく、普通に出社しなければならず、それで選びました。

 

今年の2月からずっと在宅が続いていたんですが、仕事を振る側が在宅に慣れていないと仕事をしない時間の方が長くなるんですよ。それが苦痛で苦痛で・・・

 

久々に通勤するようになって、いかに運動不足だったかを痛感しました。(笑) あと、外に出るのは楽しいです。

 

というわけで、仕事帰りに久しぶりにヨドバシカメラに行って・・・買ってしまいました。Lenovo ideapad Duet Chromebookです。お値段は税込みで¥44,880でした。

 

Chromebookは昔々、出始めの頃にDELL製のを買いました。作りに難があってWiFiに接続できなくなったり、アプリが少なかったりで誰かにあげたような。今はLinuxが使えたり、Androidのアプリが使えたりするようです。

 

本体。DuetはiPadみたいな外見をしています。

f:id:smeagol19:20200905132727j:plain

 

裏側。アイスブルーとブラックのツートンになってます。カメラは裏面だけでなく前面にもあります。

f:id:smeagol19:20200905132731j:plain

 

右側にはUSB Type-Cポートと電源ボタン、ボリュームボタンがあります。USBポートは1ヶ所だけになります。

f:id:smeagol19:20200905132738j:plain

 

画面上部にはスピーカーとマイクがついてます。

f:id:smeagol19:20200905132742j:plain

 

下部にはキーボードコネクターがついてます。がっちり固定されます。

f:id:smeagol19:20200905132735j:plain

 

付属のオーディオジャック変換ケーブルとACアダプター。ACアダプターはかなりコンパクトです。

f:id:smeagol19:20200905132746j:plain

 

スタンドカバー。表面に布が貼ってあります。本体とは磁石で固定され、簡単には外れません・・・が、ちょっと重いです。

f:id:smeagol19:20200905132802j:plain

 

スタンドカバーの裏面。

f:id:smeagol19:20200905132758j:plain

 

下側はここまで開きます。

f:id:smeagol19:20200905132806j:plain

 

付属のキーボード。Macっぽい部分があり、右側のキーの幅が狭いです。使いづらさは今のところ感じません。私の場合、相当な変態配列でも気にせず使うのですが、使いにくさはないはずです。

f:id:smeagol19:20200905132750j:plain

 

キーボードの裏側。こちらも布っぽいものが貼られています。

f:id:smeagol19:20200905132754j:plain

 

スタンドカバーとキーボードをつけたところ。こうなるとちょっと重いです。体感的に、キーボードをつけたiPad Proの倍以上重く感じられます。

f:id:smeagol19:20200905132809j:plain

 

Googleアカウントでサインインしたら、前のChromebookに入れたアプリもインストールされました。Microsoft Officeも使えますし、マウスも使えるらしいのでパソコンっぽい使い方ができます。

 

CPUは8コアのMediaTek Helio P60T、メモリは4GBですが、もっさりはしていません。ストレージは128GBとChromebookにしては多めなのでLinuxを入れたりアプリを入れても容量不足に悩まされることはなさそうです。Google Driveも使えますし。

f:id:smeagol19:20200905132813j:plain

 

MicrosoftSurfaceがキーボードを買うと10万以上することを考えれば、キックスタンドカバーとキーボードが付属して4万円台で買えるのはお得に感じられます。

 

まだまだ使い込めてはいないので、周辺機器との連携などいろいろ試してみて、再度レビューしてみようと思います。

 

ほなほな。